ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

セルスターのドラレコは前後2カメで全方位録画

セルスター工業の「CS-360FH」は、本体の前後2カメラで全方向記録を可能にしているドラレコ。下向き1カメラのみのタイプに比べると、歪みが少なく画質に余裕があるように感じられます。GPSに加えて4種の衛星受信に対応し、測位の精度が向上しているのも特徴。夜間のドライブで真価を発揮するセルスター工業のドラレコです。


セルスターのドラレコは前後2カメで全方位録画

セルスター工業のドラレコの録画画質

セルスター工業のドラレコ「CS-360FH」は、衛星を通じで発出される災危通報を表示する機能があったり、自動速度取締装置や事故多発エリアを知らせてくれるなど、多彩な機能を搭載。同社のレーダー探知機と接続して連携させることも可能など、業界老舗の実力を感じさせる1台です。

液晶モニターは1.44インチとかなり小さめ。外部モニターも接続可能ですが、映像再生は本体モニターのみ可能です。メニュー操作時の文字は大きめで見やすさに配慮されています。

セルスター工業のドラレコで実際に昼と夜に走行して録画画質を確認したところ、画素数が200万画素のCMOSセンサーを使用しているため精細感は他機種に劣りますが、画素数が少ないぶん暗いシーンには強い印象です。

セルスター工業のドラレコビューワ

とくに地下駐車場では見た目以上に明るく映し出されていて驚かされました。車内側カメラは赤外線LEDが4灯付いているため、夜間でも明るく記録されます。

セルスター工業のドラレコビューワソフトは、専用の「Cellstar CS-360FHViewer」を使用。加速度センサーのグラフと大きめの速度表示が見やすく、操作もシンプルです。前後の2カメラを1画面に処理してマウスで自由に視点変更できるパノラマビューのほか、前後カメラを独立して表示させるスタイルも選択できます。

解像度は1980×1080ドット(30fps)で、画角は水平188.6度、垂直102.8度 (車外用・車内用カメラともに)です。保存形式はAVI/H.264で、記録メディアはmicroSDカード(最大64GB)となっています。サイズ/重さは101W×30H×51Dmm/98g。実勢価格は40,210円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事