ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最新ドラレコに搭載されたあおり運転対策とは?

後方からの異常接近を検知&警告するとともに、映像を記録をしてくれるユピテルの最新ドライブレコーダー「SN-TW99c」。表示&音声での警告とともに、通常記録とは別にイベント記録として証拠映像を残してくれるので、あおり運転対策に有効です。そのほか、安全運転サポート機能も搭載している最新ドラレコを詳しく見ていきましょう。


最新ドラレコに搭載されたあおり運転対策とは?

あおり運転対策に有効な最新ドラレコ

ユピテルの最新ドライブレコーダー「SN-TW99c」は、フロントカメラとリアカメラという構成。対角162度のレンズを搭載したフロントカメラは、直上の信号機などもしっかり撮影できる画角です。

リアカメラが異常接近する車両を検知すると、音声と本体のディスプレイ上で「後方危険運転を検知しました」と警告。同時に映像をイベント記録するため、あおり運転対策に有効です。

信号が青になったり、先行車が発進しても自車が止まったままだと警告する、安全運転サポート機能も搭載。フロントカメラが信号を認識し、青になっても自車が発進しない場合には「信号を確認して下さい」という音声で警告します。

高感度センサーで暗所に強いドラレコ

フロント/リアカメラともにソニーの高感度センサー「STARVIS」を採用しており、暗所の撮影に強いのも大きな特徴です。HDR搭載で、トンネル出口付近で急に明るくなっても白飛びしにくい設計。HDR非搭載の機種と比較するとその差は歴然です。

実際にドラレコで日中に走行して撮影してみると、HDRが効き過ぎて若干不自然に見える部分もありますが、白飛びは皆無。リアカメラもフロントと同等の画質でHDRの効果が見られます。

一方、トンネル内を撮影したところ、ノイズが少なくコントラストもあるキレイな画質。トンネル内も明るく記録できています。リアカメラも鮮明に捕らえていました。

解像度は1920×1080ドット、映像素子は200万画素カラーCMOSです。画角はフロンドが対角162度、リアが対角155度となっています。サイズ/重さは65W×53H×28Dmm/95g(フロント)、54W×25Φm/26g(リア)。実勢価格は30,580円です。(文/星智徳)

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事