ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

電動自転車の違法リミッターカットの手口とは?

全国各地で電動アシスト自転車のシェアリングサービスが展開されていることもあって、いまや電動自転車はすっかり市民権を得たといえるでしょう。この電動自転車のアシストの上限は原則24km/hまでと決められています。そしていま、電動自転車の違法リミッターカットが横行中です。その手口を見ていきましょう。


電動自転車の違法リミッターカットの手口とは?

電動自転車のリミッターカットの手順

電動自転車とリミッターカットで検索すると、怪しげなパーツがたくさん並びます。いずれもメルカリなどのネットオークションで堂々と売られているのが現状です。

メルカリで売られていた自作スピードセンサーを見てみると、純正品よりマグネットの数が3分の1になっているとのこと。測定値を狂わせることでフルアシスト制限を10km/hから30㎞/hまで伸ばせるといいいます。ていねいに交換手順まで公開していました。

大半の電動自転車は9Tギアですが、ギアを11Tにすることでアシスト範囲が29.3km/hまでになるとのこと。なんと、違法スピードセンサーとの併用を推奨していました。

電動自転車のリミッターカットを公開

日本用に制限が施された海外の電動自転車を、元に戻すスピードメーターも発見。41㎞/hまでアシストするほか、フル電動化も可能だといいます。これは危険です。

とある自転車屋では、違反行為と気づいていないのか電動自転車のリミッターカットの模様をブログで公開する始末。本来、注意するべき立場なのだと自覚してほしいところです。

電動自転車のリミッターカットが横行する理由としては、違法改造を施しても外見上は分かりにくいことが挙げられます。社会問題になっているフル電動自転車は、ペダルを漕がずに走行できることで取り締まれます。

しかし、こちらはあくまで電動アシスト自転車なのでペダル踏みが必須。細部まで調べてみないと、リミッターカットした電動自転車かどうかが判別できないわけです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事