ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

品薄だったソニー「手回しラジオ」が翌日出荷に

大雨などによる災害が相次いで発生しています。停電時はスマホはもちろんのこと、災害時の情報源となるラジオの電池切れにも気を配る必要があります。そんな時に頼りになるのが「手回しラジオ」です。常に在庫切れが続いて人気だった、ソニーの手回しラジオがようやく市場に出回り始めました。


品薄だったソニー「手回しラジオ」が翌日出荷に

手回しラジオに一日の長があるソニー

東日本大震災以降、ラジオに付いたハンドルを回して発電、内蔵バッテリーを充電して使う「手回しラジオ」が多種多様なメーカーから発売されています。その中でも人気を集めていたがソニーの手回しラジオです。

というのも、ソニーは1997年から手回しラジオを作り続けてきた老舗メーカー。ソニーは手回しラジオの開発に20年以上の実績を持っているわけです。

充電用ハンドルの握りやすさや、回転時のトルク感などに一日の長があります。ソニーの手回しラジオには、他メーカーにマネのできないノウハウが詰まっているというわけ。その発電能力は1分間回してFMラジオ放送が50分聞けるというものです。

そんなソニーの伝統ある手回しラジオの現行モデルが「ICF-B09」です。ソニーストア価格は税別8,250円です。ICF-B09は前モデルである「ICF-B08」をワイドFM対応にしたモデルで、上位機種には「ICF-B99」があります。

ソニーの手回しラジオがようやく出荷

ICF-B99はICF-B09ではソフトライトとなっているボディ上面に、ソーラーパネルを搭載してより充電力を高めたモデル。ICF-B99のソニーストア価格は税別9,250円となっています。

ソニーの手回しラジオICF-B09の受信周波数は530~1710kHz(AMラジオ放送)、76.0~108.0MHz(FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は36㎜/90mWです。FMスピーカー作動時間は80時間(乾電池使用時)で、電源は内蔵充電池、単3形乾電池×2本となっています。サイズ/重さは132W×77H×58D㎜/376gです。

なお、ソニーストアのWebサイトでは、ここしばらく手回しラジオがどれも「入荷次第出荷」という状態が続いていました。ソニーの手回しラジオの人気の高さがうかがえますが、ここにきてようやく「翌日出荷」となり、市場に製品が出回り始めたようです。

■「手回しラジオ」おすすめ記事
ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
AMラジオがなくなる?話題の「FM補完放送」とは
AMラジオ廃止問題は2023年の再免許時がポイント
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?

■「アンテナ」おすすめ記事
ループアンテナを作ってAMラジオの遠距離受信
BSアンテナの室内スタンドでこっそり楽しむ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事