ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

単4×1本で100時間持つソニーのポケットラジオ

高い質感のデザインと漢字表示のディスプレイ(29W×21Hmm)など、ソニーのポケットラジオ「SRF-R356」は1万円を超える実勢価格に見合った風格を持っています。単4形乾電池×2本や単3形乾電池×1本で作動するポケットラジオが多い中、SRF-R356は単4形乾電池×1本で最長100時間という驚異的な受信時間を実現しています。


単4×1本で100時間持つソニーのポケットラジオ

ソニーSRF-R356のスピーカーは固めの音

一般的に、災害時の生死の壁は72時間で、この時間を生き抜くことが生還につながると言われます。その72時間を余裕でカバーする最長100時間というソニーの「SRF-R356」の電池寿命は、特筆すべき性能です。

感度はAM/FM波ともにやや高く、地元局なら受信に不安はありません。ただし、AM波はバーアンテナの向きで、FM波はイヤホンアンテナの位置で、やや受信状況が変化しやすい傾向があります。

スピーカーは、サイズ感からやや固めの音ですが聞きやすい仕上がり。巻き取り式のイヤホンは透明感があってレンジも広く、他のポケットラジオを圧倒する音質です。

SRF-R356はポケットラジオの域を超越

SRF-R356の音のすばらしさはヘッドホンをつなぐとより顕著です。FMステレオ受信時の音は、ポケットラジオの域を超越しています。

エリアコールやAM/FM波で各7局ずつのプリセットボタン、時計、アラームなど、機能は豊富です。その上、操作系はシンプル。普段使いにもピッタリで、被災時は長時間にわたり、情報を提供してくれるでしょう。

SRF-R356の受信周波数は531~1710kHz(9kHzステップ・AMラジオ放送)、76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ・FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は28mm/80mWです。電源は単4形乾電池×1本となります。サイズ/重さは55W×93.5H×13.7Dmm/81g。実勢価格は12,500円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事