ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LEDライトを搭載したコスパに優れる防災ラジオ

サテンゴールドという微妙なカラーが個性的な東芝エルイートレーディングのポケットラジオ「TY-SPR6」は、同社の最上位モデルです。実勢価格は6千円台でありながら、漢字表示のディスプレイ(38W×22Hmm)、受信地に合わせたメモリーが表示されるエリアコールなどの便利機能が搭載され、コストパフォーマンスに優れています。


LEDライトを搭載したコスパに優れる防災ラジオ

東芝TY-SPR6はAM/FMともに高感度

東芝のポケットラジオ「TY-SPR6」はAM/FM波ともに高感度ですが、AM波用のバーアンテナは指向性が感度方向にやや鋭いため、移動しながら受信すると受信状況が変化します。イヤホン使用時には気になるかもしれません。

FM波用のイヤホンアンテナは、使用するイヤホンによって感度がかなり変化する模様。素直に付属のイヤホンを使った方がベターでしょう。

スピーカー使用時の音は、サイズが小さいためレンジが狭くて固い音に感じますが、イヤホン使用時の音はレンジも十分に広く、なかなかの音。FM波もステレオで聞けます。

TY-SPR6はボタン操作のクセが強い

TY-SPR6の操作系にダイヤルはありません。「+」と「-」などのボタン操作で、音量・周波数変更・プリセット選局をすべて行うため、操作はクセが強い印象です。

そして、災害時などに力を発揮してくれるのが、LEDライト機能。点灯はラジオの電源がオフの時に限定されますが、ワンタッチでLEDライトが点灯。いざという時には頼りになります。

TY-SPR6の受信周波数は522~1710kHz(9kHzステップ・AMラジオ放送)、76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ・FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は30mm/80mWです。電源は単4形乾電池×2本となります。サイズ/重さは56W×95H×13Dmm/83g。実勢価格は6,800円です。

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
AMラジオがなくなる?話題の「FM補完放送」とは
AMラジオ廃止問題は2023年の再免許時がポイント
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?
ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

■「アンテナ」おすすめ記事
ループアンテナを作ってAMラジオの遠距離受信
BSアンテナの室内スタンドでこっそり楽しむ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事