ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ソニーの「赤外線撮影」機能が制限された理由

ソニーのNIGHTSHOT機能を搭載したハンディカムは裏グッズの代表格。1998年春にリリースされたこの8㎜ビデオカメラは、NIGHTSHOT機能をONにすると、赤外線カットフィルターがOFFになり、赤外線撮影が可能になるシロモノです。そんなソニーのNIGHTSHOTカメラは発売から半年で発売中止。それ以降は、赤外線撮影機能が制限されてしまったのでした。


ソニーの「赤外線撮影」機能が制限された理由

赤外線撮影で野生動物を暗視撮影する

ソニーの「CCD-TRV85K」は、NIGHTSHOT機能を搭載したハンディカム。当時の価格は162,740円でした。1998年、本機に加え「CCD-TRV95K」「CCD-TRV45K」「CCD-TR280PK」と計4モデルの8mmビデオカメラがリリースされました。

これらのハンディカムは、暗い場所でも撮影できるNIGHTSHOT機能を備えていたことが最大の特徴。ソニーのNIGHTSHOTによる赤外線撮影は本来、夜間に光源を当てられない野生動物の観察などで、暗視撮影をするための機能です。

しかし、太陽光の元で使うと、可視光線よりも波長が長くて直進性が高い赤外線は、衣服を貫通して肌の表面で反射。独特の仕上がりの撮影ができてしまうと、いらぬ注目を浴びるハメになりました。

実際に暗室での撮影実験では赤外線投光器で光を当てると、赤外線の光が当たっているところは、暗闇で文字をクリアに映すことができました。さらに、昼間に屋外でNIGHTSHOTを起動。若干ノイズが混じっていますが、赤外線が服を透過していることが分かります。

赤外線撮影は日中の使用が制限された

発売から半年程度で、同機能を搭載した機種はすべて発売中止になり、しばらくしてROMが書き換えられたバージョンが再販。日中はハレーションを起こし画面が真っ白になって、まともに撮影できなくなるという対策が施されました。

以降、ソニーのNIGHTSHOT機能付きのカメラは、日中の使用が制限されるようになったのです。実際、1998年夏以降のモデルで撮影実験すると、太陽光の元ではハレーションが起き、画面全体が白く飛んでしまいました。

しかし、レンズに減光フィルターを装着すれば、白飛びは抑えることが可能。この検証では、NIGHTSHOT専用の「屋外用赤外線透視フィルター TG30シリーズ」を使用しました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事