ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JRの往復割引で乗らない区間も購入して安く乗車

JRのキップは遠くの駅まで切符を買うと逆に安くなることがあります。それが往復割引を利用したお得なキップの買い方。600キロを超えると乗車運賃に1割引きが適用されます。このため、JRの往復割引はあえて乗らない区間も購入することで、結果的に割引額を大きくして安く乗車できるケースがあるのです。


スポンサーリンク
JRの往復割引で乗らない区間も購入して安く乗車

JRの往復割引は最低1,940円の値引き

JRのキップには、発券担当の係員も覚えきれないようなルールや割引きが存在。その中でもメジャーな割引きが往復割引です。適用条件は片道が601km以上で、行きと帰りが同一区間であれば、2枚を同時に購入することで、乗車券が1割引きになるというもの。特急券などの割引きはありません。

601~640kmの乗車券は片道9,610円ですが、往復割引によって8,640円になります。すなわち、最低でも970円×2=1,940円の値引きを通年受けられるということです。積極的に利用しない手はありません。

例えば、新幹線の東京~新大阪駅間は552.6kmで、乗車券は片道8,750円です。ただし、600kmに満たないため往復割引の恩恵が受けられません。

JRの往復割引で乗らない区間も購入

そこで、新大阪駅から先の兵庫県明石市にある朝霧駅(605.5キロ)までの乗車券を購入して、往復割引を適用。これにより片道8,640円となって、往復の乗車券は正規運賃よりも220円安くなるのです。

さらには、新幹線で東京駅から岡山駅を経由して、瀬戸大橋線の児島駅まで帰省する場合。往路は東京~児島駅のキップを購入しますが、復路は家族に岡山駅までクルマで送ってもらうので、岡山~東京駅のキップを購入しようとします。この場合、運賃は新幹線自由席を利用すると合計で32,920円です。

これでは往路と復路が同一区間ではないため、往復割引が受けられません。そこで、実際には乗車しない復路の児島~岡山駅を含めた児島~東京駅のJRのキップを出発前に購入して往復割引を適用。すると、合計で31,080円となります。乗らない区間もあえて購入することで、割引額が大きくなって結果的に1,840円も安く乗車できるのでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事