ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

定期券よりお得なPiTaPa「区間指定割引」とは?

関西では“ICカードといえばこれ1枚”ともいわれる「PiTaPa」。その人気の理由は、独自の後払い方式に加え、関西の鉄道・バス各社の割引サービスを1枚で全部受けられるところにあります。さらに、あらかじめ利用区間やエリアを登録することで、毎月の利用料金が安くなる「区間指定割引」も用意されているのです。


定期券よりお得なPiTaPa「区間指定割引」とは?

PiTaPaには区間指定割引サービス

関西を中心としたJRを含む鉄道・バスで利用可能な「PiTaPa」は、交通系ICカードでは唯一後払いの「ポストペイ方式」を採用しているのが特徴です。PiTaPa利用分の運賃は月ごとにまとめ、翌々月10日に銀行口座から引き落とされます。

そして、PiTaPaのもうひとつの大きなメリットが、1枚のカードで複数の鉄道・バス会社の割引が受けられる点。Suicaであれば、鉄道利用でJRE POINTが貯まるのはJR東日本路線のみですが、PiTaPaでは条件を満たすことで阪急と近鉄の割引が両方とも適用になる仕組みです。

さらに、PiTaPaには乗車券と定期券のいいとこ取りをしたような区間指定割引サービスも用意されています。これは、あらかじめ設定した利用区間・エリアについて、毎月の利用分について1か月定期運賃が上限運賃になる…というものです。

区間指定割引の上限額は定期券運賃

鉄道会社では利用区間を指定するため「区間指定割引」、バス会社ではエリア指定となるため「登録型割引」という名称になっていますが、割引料金の計算方法はほぼ同様。上限額は各社とも1か月定期券運賃に設定されています。

このサービスが定期券と比べておトクな点は、乗車回数が少ない月は運賃が普通運賃×回数で済むところ。例えば、職場が奈良にあり、業務で近鉄電車で大阪へ出かけることが少なくないものの、毎日乗るほどではない…といったケースでも気軽に利用できます。

ただし、PiTaPaに区間指定割引・登録型割引を利用すると、その鉄道・バス会社ではそのPiTaPaに定期券を登録できなくなります。そこで、通勤・通学用とは別に区間指定割引を活用したい場合、2枚のPiTaPaを用意して使い分ける、といった工夫が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事