ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

首都圏に残るSuicaが使えないJR東日本路線は?

JR東日本が発行する「Suica」は、対応エリアが東北・関東甲信越にわたるうえ、鉄道への乗車やキオスク・駅ビルなどでもポイントが貯まるため、数ある交通系ICカードのなかでも最強の存在です。しかし、実は東京から近い首都圏を走るJR東日本路線のなかにも、いまだSuicaが使えない路線が残っています。


首都圏に残るSuicaが使えないJR東日本路線は?

栃木県にSuicaが使えない路線が存在

国内でもっとも発行枚数の多い交通系ICカードである「Suica」は、2001年11月18日のサービス開始当初は首都圏の424駅のみで使えました。しかし、その後、Suicaが利用可能な駅は増える一方。現在、JR東日本エリアでSuica対応路線がない県は青森県・秋田県のみ(新幹線は対応)となっています。

さらに、Suicaが利用可能な場所はキオスク・駅ビルだけでなく大手コンビニやガソリンスタンドなどまで広がり、Suica1枚で全国各地を旅することが可能。ちなみに、在来線がSuica非対応の青森県・秋田県でも、新幹線停車駅の新青森駅・秋田駅にある駅ビル内の店舗ではSuicaが利用可能です。

しかし、JR東日本がSuica対応路線を増やすなかで、いまだにSuicaが利用できない路線が首都圏にも存在しています。山梨県を含む1都7県を首都圏と考えた場合、全線(接続駅を含まない)でSuicaが利用不可能なJR東日本路線がふたつ存在。ひとつが栃木県の宝積寺駅~烏山駅間を走る烏山線です。

一部駅でSuicが使えない路線もある

烏山線は、架線不要の充電式電車が走る全国でも珍しい路線として鉄道ファンには人気ですが、首都圏のJR東日本路線のなかでも利用者は少なく、最も乗降者数が多い烏山駅でも1日537人(2019年)となっています。全線にわたる利用者数の低迷が、烏山線へのSuica導入が進まない理由といえそうです。

そして、もうひとつSuicaが使えない路線が千葉県の木更津駅~上総亀山駅間を結ぶ久留里線になります。久留里線沿線には、久留里城や亀山湖といった観光スポットもあるため、利用者は烏山線より多そうですが、実際はその逆で、もっとも利用者が多い久留里駅でも1日365人に留まっています。

また、水戸駅と郡山駅を結ぶ水郡線、渋川駅~大前駅の吾妻線、小淵沢駅~小諸間を走行する小海線は、一部駅のみSuicaが利用可能。水郡線の茨城県区間では上菅谷・常陸太田・常陸大宮・常陸大子の各駅、吾妻線の中之条駅・長野原草津口駅と万座・鹿沢口駅、小海線の山梨県区間では清里駅がSuica対応駅です。

ちなみに、山梨県内のJR路線としては身延線もありますが、こちらはJR東日本ではなくJR東海の路線。山梨県内にTOICA対応駅はありませんが、南側の静岡県区間では西富士宮駅~富士駅間の各駅でTOICAが利用可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事