ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

日本全国でモバイルSuica+ビューカード最強説

Suicaなどの交通系ICカードは、いまや鉄道・バスでの利用だけでなくコンビニやファストフード店など全国各地のさまざまなジャンルのお店で利用できます。そして、数あるSuicaのなかでも、もっともお得にポイント還元を受けられるのが、スマホに内蔵するモバイルSuicaとJR東日本系列の「ビューカード」との組み合わせなのです。


全国で「モバイルSuica+ビューカード」最強説

モバイルSuicaは乗車ポイントが2%

JR東日本が行っているポイントプログラム「JRE POINT」は、Suicaで同社路線へ乗車、あるいはJRE POINT加盟店での利用などでポイントが貯まる仕組み。そして、JRE POINTを貯める際に有利なのが、スマホ内蔵のモバイルSuicaと系列会社が発行するクレジットカード・ビューカードとの組み合わせです。

Suicaには、大きく分けてモバイルSuicaなどのスマホ内蔵タイプとプラスチックカードタイプの2種類があります。このうち、スマホ内蔵タイプの方がApple Pay・Google Payなども含めてJR東日本路線の乗車ポイントが2%です。これに対し、カードタイプは0.5%と還元率が4倍違います。

一方、JR東日本系列会社が発行するビューカードには、いずれもSuicaが内蔵されているため、カードへチャージして乗車することも可能です。ところが、この方法では乗車ポイントが0.5%になるため、一旦ビューカードからモバイルSuicaへチャージした上で乗車した方がお得です。

モバイルSuicaはポイント活用に最適

さらに、ビューカードにはSuicaへチャージすると1.5%分のJRE POINTが貯まるサービスもあります。他社カードの場合、Suicaへのチャージはポイント対象外、あるいは0.5%以下の還元率となっているものがほとんど。1.5%のポイント還元が受けられるビューカードからのチャージは断然お得です。

Suicaをはじめとする交通系ICカードのうち、PiTaPaを除く全国相互利用対応の9種類は、コンビニやファストフード店など全国各地でのショッピングでも利用可能となっています。そこで、ビューカードからSuicaへチャージしてコンビニなどで利用することで、実質1.5%のポイント還元を受けられることになるのです。

そして、数あるSuicaのなかでモバイルSuicaがポイント活用に最適なのは、貯まったJRE POINTをSuicaチャージへ充当する手続きが、スマホ上のモバイルSuicaアプリから行えること。カードタイプのSuicaの場合、JR東日本の駅券売機で行う必要があります。


モバイルSuicaとビューカードがお得

モバイルSuicaとビューカードの組み合わせであれば、JR東日本沿線に住んでない人であってもポイントを貯めていくことができます。北海道在住であれば、JR北海道のKitacaには乗車ポイントやチャージポイントがないため、モバイルSuicaへビューカードからチャージして乗車した方がお得なのです。

一方、JR九州が三菱UFJニコスやクレディセゾンなど提携して発行するSUGOCA内蔵の「JQカード」は、SUGOCAチャージで0.5%、JR九州路線への乗車で1%などのポイント還元が受けられます。そこで、九州在住の場合JR九州ではSUGOGAを利用し、その他コンビニなどではモバイルSuicaを活用するのが有利といえます。

なお、Suica内蔵クレジットカードのうち、イオンSuicaカードなどの提携カードはSuicaチャージでJRE POINTは貯まらず、提携先のポイントが貯まる仕組みです。イオンSuicaカードは「ときめきポイント」が400円につき1ポイントで還元率は0.25%と低く、ビューカードでチャージした方がお得となります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事