ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

モバイルSuicaのチャージで2%還元を受ける方法

Suicaをはじめとする交通系ICカードのほかnanacoや楽天edyなど、残高をチャージして使うICカードには、チャージ時にクレジットカードが利用できるものもあります。しかし、その場合はチャージ金額分はカードのポイント還元対象から外れてしまうことが多く、チャージ金額もポイント還元になるカードを選んで使わないと損をしてしまうのです。


モバイルSuicaのチャージで2%還元を受ける方法

Suicaへのチャージは対象外が多い

SuicaをはじめとするICカード決済には、事前に残高をチャージして利用する「プリペイド型」と、あとから利用料金を支払う「ポストペイ型」の2種類があります、SuicaやICOCAなどの交通系ICカード、そしてWAON、nanaco、楽天Edyなどはプリペイド型です。

一方、QuickPayやiDといったICカードは後日まとめて登録したクレジットカードに請求が届くポストペイ型です。交通系ICカードのなかでも、PiTaPaはこちらのタイプになりますが、鉄道・バス利用に関しては、PiTaPaポストペイエリア外では事前にチャージして利用するため、両方の特徴を備えているといえるでしょう。

ポストペイ型のICカードでは、Quick PAY・iDの場合は決済用に登録したクレジットカードの利用と同じ扱いでポイント還元が行われます。ところが、プリペイド型ICカードへクレジットカードでチャージした場合、多くの場合はクレジットカード側のポイント還元の対象から外れてしまいます。

モバイルSuicaへのチャージが2%還元

プリペイド型ICカードへのチャージでポイントを貯めるには、系列会社が発行するクレジットカードからチャージする方法が確実です。例えばSuicaであればビューカード、nanacoであればセブンカード・プラスを利用してチャージすれば、チャージ金額に応じたnanacoポイントやJRE POINTがそれぞれ貯まります。

また、系列会社以外のICカードでもポイントが貯まるクレジットカードも存在。セゾンカードの場合、モバイルSuicaへのチャージについてはポイント対象で、エポスカードはモバイルSuicaに加えて楽天edyへのチャージでもポイントが貯まる仕組みです。

系列外のICカードでもポイント対象となるクレジットカードで、注目なのが基本ポイント還元率が1%と高いオリコカードです。オリコカードの場合、モバイルSuicaがポイント還元対象。現在、新規会員向けに6か月間ポイント2倍のサービスも実施中です。これを活用すれば、モバイルSuicaへのチャージが2%還元になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事