ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

イオンSuicaカードでの残高チャージは損する件

JR東日本の鉄道利用だけでなく、駅ビルやコンビニ・ファミレスなどで幅広く使える「Suica」は、JR東日本沿線に住む人であれば1枚は持っておきたいところ。ところが、多くのクレジットカードはSuicaチャージがポイント対象外で、おトク度は高くありません。そんな中、Suicaチャージでもザクザクポイントが貯まるカードもあるのです。


イオンSuicaカードでの残高チャージは損する件

スマホ内蔵Suicaは2%のポイント還元

JR東日本が発行する交通系ICカード「Suica」には、利用に応じて同社共通のポイントプログラム「JRE POINT」が貯まるサービスが用意されています。JRE POINTは、JRE POINT加盟店でのショッピング利用だけでなくJR東日本の鉄道路線への乗車、同社系列カード「ビューカード」の利用など幅広くポイントが貯まる仕組みです。

Suicaを利用してJRE POINTを貯める方法としては、JR路線に乗った際の「乗車ポイント」があります。乗車ポイントを貯めるにはJRE POINT会員登録と利用するSuicaの登録が必要です。カート式Suicaでは運賃の0.5%、スマホ内蔵Suicaでは2%がポイント還元。スマホ内蔵Suicaの方が有利です。

2%へのポイントアップは、モバイルSuicaのほかApple Pay・Google Pay・楽天Pay・Mizuho Suicaも対象。ただし、モバイルSuicaアプリを利用しない場合、貯めたJRE POINTをSuicaチャージやSuicaグリーン券購入などに利用できないため、モバイルSuicaアプリを導入したほうが便利です。

ビューカードはチャージで1.5%還元

SuicaでJRE POINTを貯める方法としては、乗車のほかにビューカードを利用して残高チャージを行うというものがあります。多くのクレジットカードはSuicaへの残高チャージはポイント対象外。ビューカードでのSuicaチャージはおトク度が高いのです。

しかし、Suicaチャージ時のポイント還元率はビューカードの種類により異なります。JR東日本の系列カード会社・(株)ビューカードが発行する各種ビューカードであれば、Suicaチャージでは1000円につき15ポイントが貯まる仕組み。還元率は1.5%とカードとしては高い還元率です。

一方、イオンSuicaカードなど、ビューカードロゴの横に「ii」マークが付いたカードの場合、(株)ビューカード発行でないためSuicaチャージでのポイント還元率は大きくダウン。例えば、イオンSuicaカードの場合、貯まる「ときめきポイント」は400円につき1ポイントとなり、還元率は0.25%と低いのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事