ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見業者が電波探しに使用する機材とは?

東和通信社の藤井正之氏は、日本における盗聴器発見業の第一人者。一般家庭・企業・政治団体など広く相談・調査に応じています。そんな藤井氏と、盗聴波の実態調査に出かけました。盗聴発見業者が盗聴器の電波を探すときに使用している機材とは、いったいどういったものなのでしょうか?


スポンサーリンク
盗聴器発見業者が電波探しに使用する機材とは?

盗聴器発見はUHF帯の3波で十分

藤井氏の調査機材が詰まった“営業車”に乗り込んでみました。運転席の横にはアイコムのアマチュア無線機「IC-R8500」、ダッシュボードにはアイコム広帯域受信機「IC-R100」が置かれています。

IC-R8500はルーフに設置されたモービルアンテナに接続され、盗聴器の電波を広域で発見するために使用。IC-R100にはハンディ用のアンテナが付いており、こちらは盗聴器の発信源を特定するためのものです。

どちらもスキャンするのは、藤井氏が20年ほど前に提唱した「UHF帯の3波」と呼ばれる盗聴器における定番の周波数。クルマで流して盗聴器の電波を発見するときは、この3波で十分なのです。

発見した盗聴器の電波に親密感

さっそく盗聴器発見の実態調査をスタートしたその直後、ノイズの中から男女の声が浮かび上がりました。男の声は明らかに中年、女の声は妙齢です。発信源は、雑居ビルに入っている小さな会社のようでした。

「小さな会社は営業マンが出かけると、社長と女子社員が2人きりというところも。そうなると、社長と社歴の長い女子社員が不倫しているなんてことがよくあるんです」と藤井氏は話します。

「そこで社長の奥さんが、会社に盗聴器を仕掛けるケースがあります」とのこと。発見した盗聴器の電波がそのケースに当てはまるかは不明ですが、2人の会話に妙な親密感があったのは印象的でした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事