ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤外線を最大15m照射するSDカード防犯カメラ

赤外線LEDライトを48灯搭載して、最大15m照射する防犯カメラが登場しました。microSDカードをセットして電源を入れるだけで、最大1か月分の映像を録画してくれます。しかも、細かい設定はテレビ画面を使ってリモコンで操作が可能。防犯カメラの設置・操作・メンテナンスがすべて簡単です。


スポンサーリンク
赤外線を最大15m照射するSDカード防犯カメラ

防犯カメラをテレビ画面で設定

防犯カメラは小型タイプが多く、SDカード経由で設定の変更を行うケースがほとんど。オンスクエアのSDカード防犯カメラ「OL-022」はテレビ画面で設定できる手軽さが魅力です。

テレビの映像入力端子にコンポジットケーブルでつなげば、付属のリモコンでメニュー画面が表示。録画サイズ・フレームレート・動態検知のON/OFFなど各種設定がテレビ画面で行うことが可能です。

実際に防犯カメラを設置してみると「こんなに簡単でいいのか!?」と拍子抜けしてしまうほど。アングル決めも問題なくできます。これならメカに強くない人でも全く問題ないでしょう。映像は最長1か月分を、SDカードに丸々録画できます。

防犯カメラ設置の手離れがよい

防犯カメラの映りの方はといえば、こちらも安定してクリアな映像。48灯の赤外線LEDは赤外線を最大15m照射。夜間でも明るく鮮明な映像を録画できます。これで夜行性のネコの生態もバッチリ記録できるでしょう。

本格的な防犯カメラ設置となると、導入やメンテナンスが面倒なものです。それがmicroSDカードを挿入し、電源を入れるだけで録画を開始。古いデータは上書き保存され、必要な時だけ映像をチェック…手離れのよさはたまりません。

防犯カメラの解像度は1280×720ドット、ファイル形式はAVI、記録メディアはmicroSDカード(最大64GB)となっています。電源はACアダプタです。監視カメラ本体のサイズは80W×78H×160Dmmで、重さは約470g(アーム部分も含む)となっています。実勢価格は21,800円です。

■「赤外線」おすすめ記事
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

■「防犯カメラ」おすすめ記事
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
超強力レーザーポインターは防犯カメラを焼く
ダミーカメラを改造して本物の防犯カメラにする
防犯カメラの証拠映像が犯人逮捕につながる現在
防犯カメラに無線式を選ぶのはプロじゃない!?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事