ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドアスコープから部屋の中の様子が丸見えだった

玄関ドアの中から訪問者を確認するために設置されているドアスコープ。レンズを組み合わせることで、外から中は確認できないように工夫されています。しかし、ドアスコープから中の光が漏れているということは、レンズの組み合わせ次第で部屋の中の様子が丸見えにもなるということです。



スポンサーリンク
ドアスコープから部屋の中の様子が丸見えだった

ドアスコープから中がクリアに見える

「リバ-スドアスコ-プⅡ」はドアの外から部屋の中の様子がわかるビューワー。手の中にすっぽり収まるサイズの筒状のビューワーを、集合住宅の玄関ドアに設置されたドアスコープに押し当てて使用します。

すると、特殊なレンズ構造によって部屋の中が丸見えになるというシロモノ。使ってみるとドアから10~15m奥の様子が見えました。ドアスコープから部屋の中がこんなにクリアに見えるとは、プロの探偵に重宝されるワケです。

ドアスコープは外側がやや出っ張っているため、角度調整に慣れが必要かもしれません。接着面には消音用のゴム素材が付いていて、ドアスコープに静かにセッティングできる仕様になっていました。

ドアスコープにカバーを付ける対策

ビューワーのサイズは、タバコの箱よりも小さい60mm。カバンの中に忍ばせておいても邪魔にはならないでしょう。スマホカメラのレンズをビューワーののぞき穴に接着させれば撮影することも可能です。

このビューワーは非常にコンパクトで、ドアスコープの角度調整も慣れてしまえば問題ありません。実に静かに、スムーズに部屋の中を確認できます。ドアスコープにはカバーを付けるなどの対策が必要といえるでしょう。

リバ-スドアスコ-プⅡの内部構成は、アクロマートレンズ×3枚にダハプリズム1組という構成。画角は8度となっています。サイズは32φ×60Hmmで、重さは64g。実勢価格は31,320円です。

■「ドアスコープ」おすすめ記事
ドアスコープを外から覗く専用スコープとは?
ドアスコープに工事不要でカメラを取り付ける

■「ドア」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
補助錠を自分で増設してダブルロックで防犯対策
ドアノブ交換で玄関のカギをディンプルキーに
開錠されても気づかない電動ドリルの侵入手口

■「空き巣対策」おすすめ記事
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
空き巣がマンションを狙うときの4つのポイント
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事