ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

足の臭い対策は専用ソープと靴スプレーの組合せ

ただでさえ汗腺が多い足は、靴を履いて蒸れやすい上に菌のエサとなる古い角質も豊富。強いニオイに悩んでいる人も多いでしょう。足の臭い対策は、専用ソープと靴スプレーを組み合わせます。実際に足の臭い対策がどれほど効果があるか、臭いレベルを測定してみました。


スポンサーリンク
足の臭い対策は専用ソープと靴スプレーの組合せ

足の臭い対策は専用ソープで殺菌

まずは、足専用のソープで殺菌・消毒。これで水虫も防げます。久光製薬の「ブテナロック 足洗いソープ」は実勢価格480円。殺菌成分は、サリチル酸とグリチルリチン酸ジカリウムです。

サリチル酸は水虫の菌の増殖も抑え、古い角質も剥がすので足の臭い対策にうってつけ。そこで、実際に足専用ソープを使用して、臭いレベルを測定してみました。使用したのは「ポータブルにおいモニター」です。

このモニターは、空気中の炭化水素系化合物などの濃度の変化を、臭いの度合として数値化します。不使用時の臭いレベルは「18」でしたが、使用時には足の臭いは「13」に減少しました。

足の臭い対策は靴スプレーで消臭

このほか、角質は軽石などで除去。また、足の爪垢は強い臭いの元の1つです。ようじや爪ブラシでしっかり掃除しましょう。

一方、靴は菌の繁殖を抑えるスプレーで消臭。毎日同じ靴を履くのは、菌が増えるので厳禁です。レキットベンキーザー・ジャパンの「ドクター・ショール消臭・抗菌・靴スプレー」は実勢価格790円。し尿処理にも使われるオドミットが、足の臭いを瞬時に除去します。

有機・無機複合系抗菌・防カビ剤「コーキンマスター」が、菌の繁殖を徹底阻止。ポータブルにおいモニターで測定したところ、不使用時の臭いレベルは「20」でしたが、使用時には足の臭いは「16」に減少しました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事