ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

IRIB国際放送ラジオ日本語の短波放送が終了

1999年に7月にスタートした、イラン・イスラム共和国国際放送(IRIB)の日本語放送。2018年9月23日朝に放送が廃止されました。“寝耳に水”という人も多いようですが、情報のネット配信はWebサイト「パールストゥデイ」にて継続されるそうです。IRIBの日本語放送の歴史を見ていきましょう。


スポンサーリンク
IRIB国際放送ラジオ日本語の短波放送が終了

IRIBのイスラムを感じさせる番組

かつてのBCLブームから20数年。再び海外の短波放送を聞いてみようかという機運が盛り上がっていた1999年7月に、IRIBの日本語放送は始まりました。

前後してハワイのワールド・ハーベスト・ラジオが放送を開始。逆にバチカンからの日本語放送が終了した頃です。イスラム圏からの本格的な日本語放送というのは初めてで、一体どんな内容なのか非常に興味深いものでした。

そして、その期待に背くことなく、これまでにないイスラムを感じさせる番組を丁寧な作りで届けてくれたのです。日本国内あるいは西側のスタイルのマスコミからの情報に慣れていた身としては、まさしく別世界を感じさせてくれるIRIB。放送が聞けなくなるのは寂しい限りです。

IRIB国際放送ラジオ日本語が終了

近年、短波によるラジオ放送は受信状態が芳しくないことが多く、ネット配信の番組のリスナーがある程度定着したという判断だったのでしょうか。

2018年10月に入ってから、パールストゥデイのサイトに上げられている番組のスタイルは、これまでラジオで放送されていた内容と基本的には変わっていないようです。ラジオ放送のアーカイブを聞いてみると、以下のアナウンスが1時間延々と流れてます。

「IRIB国際放送ラジオ日本語は、2018年9月23日朝の再放送をもちまして、短波放送・インターネット放送ともに、ラジオ放送を終了いたしました」。このアナウンスを耳にしていろいろな思いが胸を去来する方は少なくないでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事