ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonゴールドカード年会費の元はとれるのか?

もはや誰もがオンラインショッピングを利用する時代になりました。なかでも、日本最大のオンラインショッピングモール「Amazon」には、通常のクレジットカード以上にポイントが貯まるゴールドカードが用意されています。とはいえ、年会費が1万円以上と結構高額。はたして年会費の元はとれるのでしょうか?


Amazonゴールドカード年会費の元はとれるのか?

Amazonゴールドカード年会費1万1千円

「Amazon Mastercardゴールド」は、Amazonと三井住友カードが提携して発行しているゴールドカードです。年会費は1万1000円と、一般的なゴールドカード並みですが、Amazonのショッピングについては利用金額の2.5%がポイント還元されること、Amazonプライムが無料になることのふたつが特徴になります。

Amazonショッピングのポイント還元は、通常カードの「Amazon Mastercardクラッシック」が1.5%なので、ゴールドカードの還元率は1%高いということ。とはいえ、1%の還元率アップだけで年会費の元を取るには100万円以上利用することが必要です。

一方のAmazonプライム特典は、Amazonを利用する際により便利となるサービスをパッケージで提供するものです。当初は、ショッピングでの配送が早くなる「お急ぎ便」が無料になることからスタートしましたが、現在では動画配信の「Prime Video」や音楽配信の「Prime Music」など、さまざまなサービスが用意されています。

Amazonゴールドカード年会費を計算

Amazonプライムの年会費は通常であれば4900円。さらに、カード明細書をWebへ切り替えることで、年6回以上利用すれば年会費が1100円割引になるため、Amazonプライム利用を前提にするとAmazon Mastercardゴールドの年会費は実質5000円ということになります。

一方、Amazon Mastercardクラッシックの方は、Amazonで年1度利用すれば1375円の年会費は無料。さらに、Amazonプライムに加入するとクラッシックカードでもポイント還元率が2%にアップするため、Amazonを年100万円程度利用しないとゴールドカードの年会費の元をとれない計算です。

とはいえ、Amazon Mastercardゴールドには、最大300万円までのショッピングプロテクションや旅行傷害保険といった、ゴールドカードならではのサービスも自動的に付いてきます。そうしたサービスが利用できることを考えると、クラッシックではなくゴールドを選ぶメリットが出てくるといえるでしょう。

■「ゴールドカード」おすすめ記事
「dカードGOLD」年会費の元をとるのが難しい件
エポスゴールドカードの招待を断ると大損な理由
年会費無料のゴールドカードを手に入れる方法

■「クレジットカード」おすすめ記事
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
今すぐ「イオンSuicaカード」を見直すべき理由
クレカ不正利用「補償されない」ありがちケース
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
クレジットカード審査に落ちた際のNG行動とは

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事