ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonゴールドの年会費の元を取るのが難しい件

Amazonの利用でポイントがより多く貯まるクレジットカード「Amazon Mastercard」には、一般カードとゴールドカードの2種類が存在。このうち、ゴールドカードは年会費1万円以上ながら、ポイントアップなどのサービスが追加されます。Amazonゴールドカードはどれぐらいで元が取れるのでしょう。


Amazonゴールドの年会費の元を取るのが難しい件

Amazonゴールドはポイントが2.5%

「Amazon Mastercardゴールド(Amazonゴールド)」は、ネット通販最大手のAmazonが三井住友カードと提携して発行するカードです。年会費1万1000円は三井住友ゴールドカードと同額で、一般カードより高めの設定になっています。

Amazonゴールド最大の魅力はAmazon利用時のポイントアップ。利用金額の2.5%がAmazonポイントとして貯まり、一般カードのAmazon Mastercardクラッシック(Amazonクラッシック)の1.5から1%アップとなります。

とはいえ、1%のポイントアップで年会費1万1000円の元を取るためには、単純計算で年間110万円分をAmazonでショッピングしなけばなりません。ただし、AmazonゴールドにはAmazonショッピングのポイントアップ以外にさまざまな特典があり、それらを活用するとより少ない利用金額で元が取れるのです。

Amazonゴールドはプライム年会費無料

Amazonゴールドの特典で大きいのが、Amazonでのショッピングがより便利になる「Amazonプライム」の会費が通常年4900円のところが無料になることです。Amazonプライム会員になると、より早く品物が届く「お急ぎ便」を回数無制限で利用できるようになります。

さらに、Amazonプライム会員になると動画のサブスクリプションサービス「プライムVideo」や、音楽のサブスクリプションサービス「プライムMusic」も利用可能。東京都と神奈川県・千葉県の一部地域に限られますが、生鮮食料品の配達サービス「Amazonフレッシュ」といったサービスもあります。

また、Amazonゴールドには年会費自体が割引になるサービスもあります。毎月郵送で届く明細書を省いてWebやメールで確認する「Web明細」に切り替えることで、年会費が1100円割引。そして、すべてのショッピング利用が自動でリボ払いになる「マイ・ペイすリボ」会員になるとさらに5500円割引になります。


Amazonゴールドで年88万円以上利用

Amazonプライム利用を前提に考えれば、Web明細とマイ・ペイすリボ会員の年会費割引額を加えると「4900+1100+5500=1万1500円」となり、Amazonゴールドの年会費1万1000円を超えます。そこで、Amazonゴールドの年会費はほぼAmazonプライム分ともいえそうですが、そう単純ではありません。

実は、AmazonクラッシックにもAmazonプライム会員になるとポイントアップがあり、Amazonのショッピングについて通常1.5%のところが2%になるのです。

このため、Amazonゴールドの年会費の元を取るにはWeb明細利用とマイ・ペイすリボ会員になったうえで年88万円以上のAmazonショッピングが必要。毎月7万円強も利用しなければなりません。

また、マイ・ペイすリボ会員になると利用金額が自動的にリボ払いとなるため、その決済が翌月以降に持ち越されるとリボ払い残高に金利が発生する点にも注意が必要です。金利を支払わずにマイ・ペイすリボを使い続けるには、リボ払い設定金額を毎月の利用金額以上に設定しておくことを忘れてはいけません。

■「ゴールドカード」おすすめ記事
「dカードGOLD」年会費の元をとるのが難しい件
エポスゴールドカードの招待を断ると大損な理由
年会費無料のゴールドカードを手に入れる方法

■「クレジットカード」おすすめ記事
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
今すぐ「イオンSuicaカード」を見直すべき理由
クレカ不正利用「補償されない」ありがちケース
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
クレジットカード審査に落ちた際のNG行動とは

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事