ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

世界中の監視カメラ約2万台が公開されている理由

学校・病院・ショップ・オフィス・個人宅…などに設置された防犯カメラの映像を、全世界に公開して警鐘を鳴らすサイトがあります。ここで公開されている監視カメラは初期設定のまま使われているもの。思い当たるフシがある人は、使用しているIPカメラの設定をソッコーで見直しましょう。


世界中の監視カメラ約2万台が公開されている理由

Insecamには世界中の監視カメラ映像

ロシアのWebサイト「Insecam」はダダ漏れしている世界中の監視カメラ約2万台の映像を、まとめて公開しています。理由は、セキュリティの激甘なユーザーに警鐘を鳴らすため。

というのも、ここで公開されている監視カメラの映像は、IDやパスワードが初期設定のままのものなのです。メーカーの取扱説明書を見ればそれらは記載されているため、固定IPアドレスが分かれば誰でもブラウザ(カメラ付属の専用ソフトの場合もある)で接続できてしまいます。

Insecamのメニュー「Most popular」は注目度の高い映像、「Manufacturers」はカメラメーカー別、「Countries」は国別です。ちなみに、米国は約5,500台、日本は約2,000台が公開されています。

Insecamのプラハの室内プール映像

Insecamの「Places」は設置場所別のメニュー、「Cities」は都市別、「Timezones」はタイムゾーン別」、「New online cameras」は新登場の監視カメラです。「FAQ」はIPカメラの検索の仕方など、「Contacts」はメールアドレス。削除依頼ができます。

Insecamで公開されている監視カメラの一例を紹介すると、プラハ(チェコ)の室内プールはアングルの異なる2つの映像が確認できます。流れるプールなのか、円柱の周りを子どもがグルグル回っていました。

東京・新宿にある歯科医院は、確認できただけでも歯科医2名、歯科衛生士数名と規模が大きめ。機材や劇薬の盗難防止用カメラでしょうか。福岡県福岡市の某FM局の収録スタジオの映像もありました。更新ボタン付きのキャプチャ画像はネットで公開中ですが、動画は非公開なはずです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。