ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

火に投げ入れて使う斬新なボール型の消火器とは

直径約15cmの球体の中身は土に還る安全な消火剤。トルコ・マレーシア・カナダでは国が正式に採用している“自動消火ボール”です。ボールが炎に触れると3秒で自動破裂して、消火剤が飛散するという仕組み。炎に近づかずとも、女性や子どもが転がす、投げ入れるなど、誰でも簡単に扱えるのが特徴です。


スポンサーリンク
火に投げ入れて使う斬新なボール型の消火器とは

消火ボールが爆発して消火剤を巻く

防犯対策ネットの「初期消火救命ボールELIDE FIRE」は簡単で無害、そしてコンパクトな新しいボール型の消火器。炎の中に投げ入れると、3秒後に消火ボールが爆発して消火剤を巻き散らす仕組みです。

ガスコンロなどの火元のそばに設置しておけば、万が一の場合、その場を離れていても自動破裂します。本体は発砲スチロールでできているので、破裂に巻き込まれても怪我の危険はありません。

消火ボールが仮に手の平の上で作動しても無傷でいられるというのだから、安心して使用可能。飛散した消火剤は掃除機で吸い取ったり、水拭きするだけでOKなので家庭用にも最適です。

消火ボールは火元に投げ入れるだけ

消火器の使い方は小学生時代に習っているはずですが、多くの人は忘れているでしょう。実際は「黄色の安全ピンを引き抜く」→「ホースを外して先端を持つ」→「レバーを強く握って放射する」というステップが必要です。

しかし、消火ボールのELIDE FIREは「火元に投げ入れる」だけ。誰でも使えるのが最大の特徴です。白い煙を上げて完全鎮火してくれます。また、消火器が10kg前後なのに対し、ELIDE FIREは1.5kgと軽量です。

このほか、消火ボールを火事になりやすい場所に設置するのも手。火や高熱を扱う場所にELIDE FIREを設置しておけば、初期段階で鎮火でき、最小限のダメージに抑えられるでしょう。

消火ボールのサイズは直径15.2cm、保管期間は製造日から約5年間です。成分はリン酸アンモニウム(粉末ABC消火剤)、花火用火薬。実勢価格は4,040円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事