ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防災アイテムとして優秀な高出力ポータブル電源

最近、キャンプや車中泊用として注目されているのが「ポータブル電源」です。モバイルバッテリーとの大きな違いは、その大容量とAC電源が使えること。家庭用のコンセントを直接挿して、家電製品を自宅と同じようにどこでも使用可能。太陽光でもチャージが可能な、防災アイテムとして優秀なモデルチョイスしました。


防災アイテムとして優秀な高出力ポータブル電源

大容量かつ高出力なポータブル電源

「ポータブル電源」を防災グッズとして見た場合にチェックすべきポイントは、AC出力のワット数(W)です。上位モデルであれば定格1,000W程度で、それ以下は価格帯と比例します。

1,000Wあれば、炊飯器や扇風機なども使用可能でしょう。また、自宅避難を想定するなら携帯性よりも、電池容量を重視したいところです。

「ポータブル電源1000」は、アウトドアから防災用途まで幅広い需要に応える「Jackery」の最上位モデル。278,400mAh/1,002Whという大容量に加え、定格1,000W、瞬間最大2,000Wという高出力が魅力です。

AC出力3口に加え、4つのUSB端子はPDやQC3.0の急速充電に対応しています。本体の充電はACアダプタ、シガーソケットに加え、ソーラーパネル(別売)に対応しており、太陽光でのチャージも可能です。

高出力ポータブル電源をソーラー充電

実際、炊飯器(310W)でご飯を炊きつつ、扇風機(20W)で涼みながら、ノートPCとタブレット2台を充電しても問題なし。定格出力以上での使用は推奨されていませんが、1,200Wのドライヤーも使えました。

ポータブル電源1000の電池タイプはリチウムイオン電池です。サイズ/重さは332W×233H×243Dmm /10.6kg。実勢価格は139,800円となっています。

また、Jackeryの「ポータブル電源400」は定格出力200W、最大瞬間出力400Wながら4万円台というお手頃価格が特徴。サブ機として最適でしょう。15,200mAh/400Whと容量も十分で、電気毛布なら約6時間使用できます。実勢価格は44,800円です。

さらに、Jackeryの「SolarSaga 100」はソーラーパネル。高出力のポータブル電源1000でも、約17時間で充電可能です。実勢価格は34,800円。出力端子の変換プラグを使えば、異なるメーカーのパネルでも充電できます。

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり
防災グッズのリストに入れるたいブレスレットとは
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
クリアケースが強度抜群のヘルメットに早変わり

■「災害」おすすめ記事
自衛隊の災害派遣の多くの占めるのは陸上自衛隊
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事