ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器を発見する時間がない時に使う妨害機とは

盗聴器は、小型マイクで拾った室内の音声を電波で外部に送信する仕組みになっています。電波が届く範囲は数百mもあるため、盗聴器を仕掛けた本人は安全な場所から専用受信機で音声を聞くわけです。そして、盗聴器を発見する時間がない時に使うのが「盗聴妨害機」。詳しい使い方を見ていきましょう。


スポンサーリンク
盗聴器を発見する時間がない時に使う妨害機とは

音声を拾われにくくする盗聴妨害機

盗聴器から室内の音声が漏れないようにするなら、小声でしゃべるのも1つの方法。要は、盗聴器の小型マイクに音声を拾われないように、聞き取りにくくすればよいわけです。

ただし、盗聴器のマイクは集音能力は高いため、静かな部屋だと小声でしゃべっても設置場所によっては音声をしっかり拾います。テレビやラジオの音量を上げて雑音を増やすのもよいですが、それでは会話自体が成り立ちません。

そこで使われるのが、盗聴器に音声を拾われにくくする「盗聴妨害機」です。盗聴妨害機は人間の声の周波数帯に合った「サ-サー」という妨害音を室内に流すことで、音声を聞き取りにくくして盗聴を防ぎます。

初めての場所での会議に盗聴妨害機

電波を使わずに、壁伝いに室内音を盗み聞くのがコンクリートマイク。盗聴妨害機はコンクリートマイク対策にも利用可能。壁面に振動を伝えて妨害するコンクリートマイク対策に特化した機能を搭載した機種もあります。

そんな盗聴妨害機が重宝されるのが、初めての場所で会議をするシチュエーション。盗聴妨害機は持ち運び可能なので、盗聴器を探査して発見する時間がない場合に有効な盗聴の防御方法なのです。

ケイヨーの「TBX-1000」はノイズ・振動発生式の盗聴妨害機。背面に6か所あるゴム足に両面テープを貼り、壁面に取り付けて使用します。バイブレーションを動作させると振動が壁面に伝わり、コンクリートマイクによる盗聴を妨害できるのです。サイズ/重さは61W×105H×28Dmm/152gで、実勢価格は41,040円となっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事