ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤外線も照射できる暗視スコープの撮影性能は?

高倍率で撮影機能も付いたデジタル暗視スコープが登場しました。しかも、2.0TFT液晶ディスプレイのオープンファインダーを採用。メガネやゴーグルをしたまま暗視スコープが使えるので、長時間の監視も苦にならない設計です。赤外線の照射機能も搭載しています。デジタル暗視スコープの撮影性能に迫ります。


スポンサーリンク
赤外線も照射できる暗視スコープの撮影性能は?

第3世代並みに明るい暗視スコープ

オンスクエアの「PR-817」は、光増幅率は30,000~50,000倍で輸出入の規制対象となる第3世代並みに明るく見える暗視スコープ。照射距離が約400mとシリーズ最大の赤外線出力も、明るい都会では出番が少ないのではないかと思えるほどです。

暗視スコープには第1世代から第3世代まであります。第1世代は第2次世界大戦末期の1944年から。赤外線を投射し、反射した赤外線で暗視する映像はモノクロです。防犯カメラやビデオの夜間撮影などに広く使われています。

1960年代から登場する第2世代は、星明かりのようなわずかな光を電気的に増幅する方式。第2世代の暗視スコープが「スターライトスコープ」とも呼ばれる由縁です。レンズをのぞくと緑の画像が見られるのが特徴です。

そして、第3世代の暗視スコープは第2世代の技術を進化させたもの。現用の兵器であるため、正規輸出ができないなど入手は困難を極めます。

暗視スコープで夜間の公演を撮影

実際にデジタル暗視スコープを使って、約600m先にある高層ビルを夜間に撮影してみました。光学3.5倍、さらに2倍のデジタルズームによる撮影をしてみると、赤外線を全く使わなくても鮮明に映ります。

さらには、照明のほとんどない夜間の郊外の公園で約200m先をデジタル暗視スコープで撮影してみました。すると、肉眼では見えなかった看板や木が丸見えです。

この暗視スコープの解像度は640×480ドット/30fps、保存形式はAVI、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。赤外線照射距離は約400m、電源は単3形乾電池×8本、ACアダプタ(USB接続)となっています。サイズ/重さは約216W×155H×70Dmm/約758g(電池含まず)、実勢価格は58,800円です。

■「暗視スコープ」おすすめ記事
FLIRは熱エネルギーを感知する暗視スコープ
暗視スコープ新世代はなんとカラー撮影ができる
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは

■「暗視」おすすめ記事
スマホが暗視カメラになる「Seek Thermal」
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

■「撮影」おすすめ記事
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事