ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パラボラ集音器で30m離れた会話をキャッチした

遠く離れた人の会話を、何とかキャッチしたいと思ったことがあるはず。探偵がターゲットを尾行していたり、男女関係のトラブルで証拠を集めたい時など、さまざまなシチュエーションがあるでしょう。そんな場合に役立つ集音機器を紹介しましょう。30m先の会話が聞き取れる「パラボラ集音器」です。


パラボラ集音器で30m離れた会話をキャッチした

パラボラ集音器は本体に録音機能

音声録音ツールのバリエーションの1つとして覚えておきたいのが、遠距離から会話をキャッチできる「パラボラ集音器」。各メーカーによって名称は異なりますが、このタイプの基本仕様は、パラボラを利用して相手の声を高感度に集音・増幅できるという点は共通です。

また、本体に録音機能を備えていて最大30秒間音声が記録できること、ライン入力でICレコーダーに接続可能というのも、ほぼ同一の仕様といってよいでしょう。恐らく製造元が同じと思われます。

販売価格は5,000~10,000円ほど。ネット通販で子ども用のスパイグッズの一種として販売されていることが多いので、価格はこの程度となっています。

パラボラ集音器には8倍スコープ

ということで、パラボラ集音器をさっそくテストしてみましょう。パラボラ集音器と付属のヘッドホンをラインケーブルでつなぎ、ヘッドホンを装着すれば準備完了。男女ペアで会話をしてもらい、まずは15mほど離れてパラボラを向けてみました。

すると、まるで近くで聞いているかのように音声が聞こえてきたのです。そのまま距離を離れてみると、30mまでなら会話を聞き取ることに成功しました。

ただし、指向性がかなり強いので、この距離まで離れるとパラボラの向きが少しずれるだけで、音量が急に小さくなってしまいます。ピンポイントで向きを合わせるには、本体上部に搭載している8倍スコープの出番です。これでしっかりと狙いを定めてやると、集音しやすくなります。

キッズ用のオモチャとしては、十分な性能を備えていることが分かりました。今回、実験で使用したパラボラ集音器のサイズは275Wx180Hx65Dmm、重さは500g。電源は006P型電池×1本です。

■「ボイスレコーダー」おすすめ記事
ペン型ボイスレコーダーはキャップを回して録音
iPhoneの通話録音はIP電話アプリを活用する
LINEの音声通話を録音するための設定方法は?

■「盗聴」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥
アプリで盗聴器と盗撮カメラを発見するプロ機材
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。