ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

SNSで話題「赤外線カメラ」付きスマホの透視度

「メイン・超広角・望遠・カラーフィルター」の4つのカメラを搭載した最新スマホ。このうちカラーフィルターには「赤外線カメラ」化できる、裏機能があることが判明しました。しかし、SNSで話題になると、メーカー側がアップデートで機能を削除。アップデート前の機体で赤外線撮影を検証しました。


SNSで話題「赤外線カメラ」付きスマホの透視度

スマホの裏機能で赤外線撮影が可能

中国のスマートフォンメーカー・ONEPLUSから2020年4月にリリースされた「OnePlus 8Pro」。5G通信対応で、RAMは8GBまたは12GBを搭載。CPUにQualcommのSnapdragon865を採用している、ハイスペックスマホです。

背面には、メイン・超広角・望遠・カラーフィルターの4つのカメラを搭載。あらゆるシーンでノイズを抑えた美麗な写真を撮れる1台です。じつは、このカラーフィルターカメラには、裏機能が存在することが発覚しています。

「写真」→「フィルター」の選択で「フォトクロミック」を選ぶことで、赤外線撮影が可能になってしまうのです。内蔵された赤外線センサーとカラーフィルター効果がうまい具合に合わさって、さまざまなものが透視できました。

これがSNSで話題になるとメーカーが事実を認め、システムをアップデート。「フォトクロミック」フィルターが削除されてしまいました。しかし、アップデート前の機体を入手することに成功。赤外線撮影の威力を検証しました。

赤外線撮影でTシャツが透けて見えた

まずはコーラを持つ手を撮影してみます。赤外線カメラで撮影するとコーラが透けて、ボトルの裏側にある指が撮れました。赤外線撮影は、素材によってはプラスチックも透過してしまいます。Android TV Boxを赤外線カメラで撮影すると、外部から基板や端子など内部の状態が丸見えになりました。

最後は、Tシャツの下に紙を入れて撮影してみます。通常撮影では何も見えませんが、赤外線撮影では文字が透けて読むことができました。赤外線が布地を透過してその下にある紙で反射するため、このような現象がおきるのです。

OnePlus 8Proのバッテリー容量は4,510mAh、USB端子はUSB Type-Cです。ディスプレイは6.78インチで3168×1440ドット。サイズ/重さは74.3W×165.3 Hx8.5Dmm/199gとなっています。実勢価格は899ドル(約95,000円)です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事