ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

車のリモコンキーには一瞬でコピーされる危険性

車のリモコンキーは、ディーラーなどの専門店に頼まないと複製できないと思われがち。しかし、とある裏ツールを使うことで、簡単にコピーできてしまうのです。実際に車のリモコンキーがコピーできるかどうかを検証してみました。リモコンキーはコピーされる危険性があることを認識しておきましょう。


スポンサーリンク
車のリモコンキーには一瞬でコピーされる危険性

リモコンキーをコピーする手順

「Digital Counter Remote Master」は、リモコンキーのトランスミッタの周波数を、別途用意したブランクキーにコピーできるデュプリケーターです。中華系の通販サイトで5,000円ほどで入手できました。

このデュプリケーターがあれば、本来ならスペアキーを作るのに1万円程度かかるところ、手軽に複製可能。現行のスマートキーは非対応で、少し年式の古い車種に限られるとはいえ、これだけ簡単だと勝手にコピーされる危険性があります。

リモコンキーをコピーする手順は、元のリモコンキーと同型のリモコンキー(ブランク)を用意。オークションサイトなどで、500~3,000円程度で入手できます。ただし、中にはトランスミッタがないものや、周波数が書き込み済みのものが売られているので、きちんと確認しなければなりません。

画面にリモコンキー周波数が表示

コピー元のリモコンキーをデュプリケーター上に置いたらリモコンのボタンをプッシュ。すると画面に周波数が表示されます。続いて、コピー先のブランクキーを置いて、対応させたいボタンをプッシュ。これでコピーできました。

リモコンキーにボタンが2つ以上ある場合は「CLR」ボタンをプッシュ。これで周波数をクリアしたら、同じ手順でリモコンボタンをコピーしていきます。すべてのリモコンボタンをコピーし終わったら、リモコンが使えることを確認して終了です。

複製できるリモコンキーは、イモビ対応のリモコンキーとエンジンスターターが搭載されたリモコンキー。複製できないリモコンキーは、スマートキーと周波数が書き込み済みのリモコンキーです。最新の車種はほとんどがスマートキーのため、コピーは不可能。しかし、2000年以前の車種はコピーされる危険性があります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事