ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新型オービス対応レーダー探知機の最新2モデル

日々変化する警察の交通違反の取り締りにいち早く対応するには、レーダ探知機はマストアイテムです。そこで、大手レーダー探知機メーカーである「コムテック」と「ユピテル」の最新2モデルをチェックしました。特にこれまでのレーダー式とは違う周波数帯を使う新型オービスへの対応はどうなっているのでしょうか。


スポンサーリンク
新型オービス対応レーダー探知機の最新2モデル

最新レーダー探知機は測位精度向上

コムテックの最新レーダー探知機「ZERO 805V」は、2017年モデル「ZERO803V」を基本に、静電タッチパネルを採用して操作系を刷新。803Vではモーションセンサーやタッチスイッチなどで操作していましたが、805Vでは新たに静電タッチパネルを採用したのです。また、GNSSにガリレオが加わり測位精度が向上しました。

さらに取り締まり情報アプリに対抗すべく、オプションの無線LAN内蔵SDHCカードを使うことでユーザーによって投稿されたポイントが共有できます。ユーザーが手動で取り締まり情報を投稿できるようになりました。

805Vのモニターは4インチ、センサーは加速度・ジャイロ・照度です。GPSデータは16万5000件以上、取り締まりデータは60,000件以上となっています。サイズ/重さは109.5W×64H×19.8Dmm/約132gで、実勢価格は32,184円です。

ユピテルの最新レーダー探知機「SUPER CAT A330」は、独自の実写警報に加えて動くCGによるアラートを搭載。従来からある写真に加えてCGアニメの警報画面を採用して、さらに警報が見やすくなりました。文字サイズも従来比1.5倍です。

最新レーダー探知機と新型オービス

待ち受け画面もリニューアル。ユピテル独自のフルマップ待ち受け画面はそのままに、時計やOBDⅡの情報を表示する10種の待ち受け画面が選べます。新たにガリレオとみちびきに対応し、さらにデータには標高データを採用したことで、より的確な警報が出せるようになりました。

A330のモニターは3.6インチ、センサーは加速度・ジャイロ・気圧・照度です。GPSデータは14万件以上、取り締まりデータは54,000件以上となっています。オプションで安全運転支援機器との連動も可能。サイズ/重さは106W×60H×17Dmm/約125gで、実勢価格は32,480円です。

最新レーダー探知機の新型オービス対応はどうなっているのでしょうか。新型オービスの固定式として導入されたセンシス社製の「SWSS(SpeedWarning Safety System)」は、従来のレーダー式オービスとは違う周波数帯を使っています。

805VとA330ではGPSによる警報に加えて、実際にSWSSが出す新しい周波数帯の電波を検知して反応する“W受信”機能を搭載。両機とも地図データにはSWSSの位置が登録されているため、A330が「小型オービス」、805Vは「移動式小型オービス」として反応しました。警報画面にもSWSSが表示されます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事