ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

気になる警察官の制服1着のお値段はどのくらい?

警察署や交番、そして街中で見かける警察官の方の多くは制服を着て仕事をしています。刑事など普段は私服の警察官でも、もちろん制服を揃えています。その制服姿を見ると、特別高級そうには見えませんが、かといって見るからに安物というわけでもなさそうです。はたしてどの程度のお値段なのでしょうか。


スポンサーリンク
気になる警察官の制服1着のお値段はどのくらい?

警察官の制服には冬服・合服・夏服

警察官の制服には11~3月の冬服、6~8月の夏服、4~5月、9~10月に着る合服の3パターンがあります。このうち、夏服の上衣はワイシャツになっているのはご存じの通りです。

制服のデザイン自体は政令で決まっていて全国共通。各都道府県により違うのは右腕に縫い付けたワッペンで、警視庁なら都木のイチョウ、兵庫県警なら県花のノジギクといった具合に、地域にちなんだものがデザインにあしらわれています。

両肩上部と胸に付ける階級章は、ワッペンと違い制服とは別になっていて、取り外しが可能です。そうでないと、昇級のタイミングで必ず制服を買い換えなくてはダメなので、当然ともいえるでしょう。

制服の購入自体は、各都道府県警が毎年決まった時期にまとめて行っています。例えば埼玉県警の場合、2018年は5~6月に発注しています。

冬服・夏服・合服いずれも上衣のおよそ2倍分ズボンを注文していて、これは埼玉県警以外でも変わらないようです。おそらく、各警察官には上衣1着につきズボン2着が支給されているのでしょう。

警察官の制服は上下で3万円

気になる警察官の制服のお値段は、冬服の場合、上衣が1着あたり約2万1千円でズボンが約1万円となります。上下で3万円というお値段は普通のサラリーマンが着るスーツで言うと標準グレードといったころでしょうか。

また、合服の価格は上衣が約1万8千円でズボンが約1万円です。冬服と比べ、合服は薄い生地で仕立てられていて、着ていて涼しいのが特徴。生地が薄いぶん、値段も多少安くなっているということなのでしょう。

夏服については、ズボンは1種類ですが上衣は半袖と長袖の2種類あります。価格はそれぞれ半袖の上衣が約7千円、長袖の上衣が約8千円、ズボンが約8千円となっています。といっても、細かい数字を見ると半袖と長袖の価格差は442円なので、あまり変わらないともいえます。

ちなみに夏服上衣については、普段は半袖、長袖どちらを着ても構いません。ただしフォーマルな場所では長袖を着るように指導されているようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事