ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速での取締りが激増「車間距離不保持」に注意

最近、高速道路を中心に警察の取り締まりが激増しているのが、いわゆる「あおり運転」です。車間距離を詰め、ずっと後ろに張り付いて走り嫌がらせをするあおり運転は迷惑ですが、実はこの警察のあおり運転の取り締まり強化が、別の意味での取り締まり強化につながっているのです。


警察の取締りが激増した「車間距離不保持」に注意

あおり運転の違反は車間距離不保持

警察があおり運転を重点的に取り締まるきっかけになったのは、2017年6月に東名高速道路で発生した死亡事故でした。警察庁は2018年1月に「いわゆる『あおり運転』等の悪質・危険な運転に対する厳正な対処について」という通達を出し、全国的に取り締まりが強化されています。

あおり運転そのものが該当する交通違反は車間距離を詰め過ぎる「車間距離不保持」という違反で、違反点数は一般道は1点、高速道路が2点で高速道路の方が高くなっています。反則金も同様で、普通車の場合一般道が7千円なのに対し、高速道路は1万2千円です。

これに加え、2018年からはあおり運転が原因で暴行や器物損壊などが起きたときには、それまでの累積違反点数に関係なく免許停止処分が行われるようになりました。

スピード取締り失敗で車間距離不保持

車間距離不保持の取り締まりは、警察庁の通達を受けて全国各地で激増しています。実際、兵庫県警では2018年の摘発件数が前年比7.5倍に増えた、という報道もあります。

ところが、この車間距離不保持で取り締まられるケースは、純粋なあおり運転だけではないのです。そのひとつが、スピード違反取り締まりで警察官が追尾式のスピード測定に失敗したケースです。

例えば、追い越し車線で後ろからパトカーに追尾されていることにすぐ気づき減速したとします。その時点でスピード違反としては取り締まり失敗ですが、走行車線に戻ったときに車間が詰まっていてそのままにすると、車間距離不保持の違反になってしまうのです。


とくに高速は車間距離不保持に注意

元々は、悪質なあおり運転の取り締まりを強化するというのが警察庁の通達でしたが、実際には車間距離不保持の取り締まり強化になっています。とくに高速道路では、車間距離には十分気を付けたいところです。

また、警察官がスピード違反を見逃した場合、車間距離不保持とともに取り締まられやすいのが「通行帯違反」。2車線以上の高速道路には「走行車線」「追越車線」とはっきり書かれていて、追越車線の方をずっと走り続けるとこの違反になるのです。

「どうもパトカーが後ろから狙っているらしい」と気づいたときにはひたすら走行車線を安全運転。交通ルールを守ったドライブを心がけることが大切です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事