ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーが適用を免除されている交通違反とは?

交通違反の取り締まりや事件現場に急行するパトカーは、その任務のためにさまざまな交通規制が免除となります。その一方で、任務中だからといってスピードが出し放題になったり、駐車禁止のところに駐車し放題になるわけでもありません。パトカーに適用される交通違反と適用されない違反について見ていきます。


パトカーが適用を免除されている交通違反とは?

パトカーは速度違反取締りでは無制限

パトカーが捜査のために緊急走行する際、道路交通法が定めるさまざまな規則が例外として適用されないのはご存じの通りです。赤信号を突っ切ってもOKですし、右折レーンなども無視して走行可能。通行禁止の道路や歩道にも入れます。ただし、赤色回転灯を点灯し、サイレン音を鳴らすのが原則です。

信号無視OKの緊急走行時のパトカーにも、実は制限速度があり、一般道と片側1車線の高速道路は80km/h、高速道路は100km/hと決められています。ただし、スピード違反車を「交通取締用四輪車」と区分されるパトカーが取り締まる場合は例外で、速度制限は一切なしです。

そして、交通取締用四輪車については、一般走行時にも速度に対する制限が緩くなっています。これは各都道府県が規則として定めているもので、40km/h・50km/hなどの速度制限指定がある道路でも、法定速度の60km/hまで出すことが可能です。

パトカーでも駐停車違反になるケース

また、パトカーの場合は捜査中や取り締まり中の駐車違反に関しても対象外になるケースが増えます。まず、各都道府県の公安委員会が標識で駐停車違反や駐車禁止を指定している場所は、各都道府県の規則で例外的に駐停車禁止・駐車禁止にならないと決められています。

そして、東京都や神奈川県では駐車場出入口から3m以内、消火栓から5mなど、道路交通法で決まっている駐車禁止についても規則で駐車OKと決めています。ただし、埼玉県や宮城県にはそうした規則がないので、都道府県ごとの判断になるようです。

一方、交差点内や交差点付近5m以内、踏切内、横断歩道の上といった道路交通法で駐停車禁止となっている場所については、捜査中のパトカーであっても駐めると駐停車違反になります。実際、2008年に三重県警で交通違反を取り締まり中のパトカーが、駐停車違反で青キップを切られたケースもあります。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
路上駐車をしても違反キップを切られない場所

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事