ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

いまも進化し続ける「レーダー探知機」進化の歴史

速度違反の取り締まりは、大きく分けてネズミ捕りやオービスなどの「定置式」と、パトカーや白バイによる「追尾式」の2種類があります。その中でも、定置式のスピード取り締まりを事前に察知して警告してくれるのが「レーダー探知機」です。最新レーダー探知機の注目機能を見ていきましょう。


いまも進化し続ける「レーダー探知機」進化の歴史

レーダー探知機はGPS対応が主流に

以前はレーダーによるスピード取り締まりが主流で、レーダー波を受信して警告する文字通りの「レーダー探知機」でしたが、LHシステムなどループコイル式オービスへの置き換えが進んだことにより、GNSSによるマップマッチングタイプの、いわゆる「GPS対応レーダー探知機」が主流になりました。

埼玉県や岐阜県に、新しいタイプのレーダーを使った定置式小型オービス(SWSS)が登場したのは2014年。このセンシス社製の小型オービスは、通常のレーダーとは周波数帯が異なるため従来のレーダー探知機では非対応でした。

そこで、コムテックとユピテルでは一部の2017年モデルからGPSによる警告に加え、この新しい周波数帯を受信できる製品をリリースしています。

レーダー探知機にレーザー対応モデル

これまで老朽化したHシステムやレーダー式オービスは、LHシステムなどへの置換がほとんどでしたが、ここ最近は撤去されたままになっています。その理由は、可搬式オービス「LSM-300」、半可搬式オービス「LSM-300-HK」が主に導入されているからです。

この東京航空計器の2機種の速度測定方式はレーザー式。従来のレーダー探知機では検知できず、持ち運び可能でまさしく神出鬼没のため、GPSによる登録でも太刀打ちできません。

そして、2019年から登場したのがレーザー対応のレーダー探知機。レーダー探知機の本体背面や、別ユニットにレーザー受光部を搭載しています。そして現在、最新モデルのレーダー探知機の多くがレーザー対応モデルとなっているのです。

■「レーダー探知機」おすすめ記事
新型オービス対応のレーダー探知機は何が違う?
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく

■「速度違反」おすすめ記事
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
移動式オービスにも対応する検知アプリの選び方

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事