ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

いまも進化し続ける「レーダー探知機」進化の歴史

速度違反の取り締まりは、大きく分けてネズミ捕りやオービスなどの「定置式」と、パトカーや白バイによる「追尾式」の2種類があります。その中でも、定置式のスピード取り締まりを事前に察知して警告してくれるのが「レーダー探知機」です。最新レーダー探知機の注目機能を見ていきましょう。


いまも進化し続ける「レーダー探知機」進化の歴史

レーダー探知機はGPS対応が主流に

以前はレーダーによるスピード取り締まりが主流で、レーダー波を受信して警告する文字通りの「レーダー探知機」でしたが、LHシステムなどループコイル式オービスへの置き換えが進んだことにより、GNSSによるマップマッチングタイプの、いわゆる「GPS対応レーダー探知機」が主流になりました。

埼玉県や岐阜県に、新しいタイプのレーダーを使った定置式小型オービス(SWSS)が登場したのは2014年。このセンシス社製の小型オービスは、通常のレーダーとは周波数帯が異なるため従来のレーダー探知機では非対応でした。

そこで、コムテックとユピテルでは一部の2017年モデルからGPSによる警告に加え、この新しい周波数帯を受信できる製品をリリースしています。

レーダー探知機にレーザー対応モデル

これまで老朽化したHシステムやレーダー式オービスは、LHシステムなどへの置換がほとんどでしたが、ここ最近は撤去されたままになっています。その理由は、可搬式オービス「LSM-300」、半可搬式オービス「LSM-300-HK」が主に導入されているからです。

この東京航空計器の2機種の速度測定方式はレーザー式。従来のレーダー探知機では検知できず、持ち運び可能でまさしく神出鬼没のため、GPSによる登録でも太刀打ちできません。

そして、2019年から登場したのがレーザー対応のレーダー探知機。レーダー探知機の本体背面や、別ユニットにレーザー受光部を搭載しています。そして現在、最新モデルのレーダー探知機の多くがレーザー対応モデルとなっているのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事