ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

監視員が駐車違反を見逃す場所と見逃さない場所

街中で見かける「駐車監視員」は、指定区域を巡回して駐車禁止場所の路上駐車を見つけると、駐車違反標章を貼るのが仕事です。とはいえ、交通の支障となる路上駐車よりも、駐車違反標章を貼りやすい車両が優先されているように見えるのも事実。そこで、駐車監視員の仕事に勝手に密着。駐車違反を見つけても見逃した場所を見ていきましょう。


監視員が駐車違反を見逃す場所と見逃さない場所

駐車監視員が車内を次々と確認する

駐車監視員を乗せた巡回車が駅ロータリーに到着したのは11時半。ごちゃごちゃとした商店街を抜ける一方通行の路肩には、ドライバー不在で路上駐車しているクルマが多く見られます。ところが、巡回車は取り締まりを行うことなく、通り過ぎていきました。

商店街のような小型店舗は駐車監視員の作業が店内から見えるため、駐車違反標章を貼ろうとしても逃げられてしまうことから、駐車監視員の見逃しポイントとして有名。逆に郊外型の大型店舗の場合は、店外の様子が見えないため、逆に付近の駐車違反をスルーすることはありません。

ほかにも、明らかな路上駐車を見逃したケースも多々ありました。商店街の力が強くて取り締まりをしないように警察に働きかけているエリアや、暴力団関係者が経営する風俗店の前など、交通の妨げになりそう所でも駐車監視員を乗せた巡回車は、ただ横を通り過ぎていきます。

12時頃、駅前のパーキング・メーターのある通りに巡回車が駐車。徒歩での巡回開始です。パーキングチケット発給機が正常に動いているか動作チェックした後、チケットが当日のものか、時間超過してないかなど駐車中の車内を次々と確認していきます。

駐車監視員の動きをドライバーが察知

すると、横断歩道脇の枠内に駐車中のワンボックスカーを入念にチェックし始めました。違反状況とナンバーのアップの2枚の証拠写真の撮影後、端末に住所やナンバーなどを入力しています。そして、駐車違反標章を印刷してフロントガラスに貼り付けました。貼り付け後の車両を3枚目の証拠写真として撮影して作業は終了です。

1時間の休憩を挟んで、午後からは駅から離れた周辺の道路を巡回。16時半頃、横断歩道から5m以内に路上駐車しているクルマを発見しました。ここは標識がなくても駐車禁止場所であるだけでなく、電柱に「駐車監視員取締重点地域」という警告まである場所です。

駐車監視員が状況確認をスタートして5分ほどで、建物の中から危険を察知したドライバーが愛想笑いで飛び出してきました。監視員による放置車両の確認が終了するのは、駐車違反標章を印刷してフロントガラスに貼ったタイミング。貼る前にドライバーが戻ってきてしまったために、今回は失敗に終わりました。

■「駐車違反」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
路上駐車をしても違反キップを切られない場所
駐車違反「放置車両確認標章」で確認すべきこと
レンタカーの駐車違反は放っておくと損をする?

■「駐車監視員」おすすめ記事
駐禁は監視員がステッカーを貼るまで確定しない

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事