ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3万円台のモバイルSuica・PASMO切り替え機登場

モバイルPASMOとモバイルSuica…どちらを選ぶとより便利かというのは、首都圏のAndroidスマホユーザーが悩むことのひとつ。なぜなら、両方を切り替えて使えるスマホが、一部の最新かつ高級モデルに限られていたためです。しかし、ようやく昨年末発売のスマホから、3万円台でも切り替え可能なモデルが登場しました。


3万円台のモバイルSuica・PASMO切り替え機登場

モバイルSuica・PASMO切り替えは一部

モバイルPASMOのWebサイトには、AndroidスマホのモバイルPASMO・モバイルSuicaへの対応機種リストが掲載されています。そして、対応機種は「モバイルPASMO・モバイルSuica両方1枚ずつ発行可能」「モバイルPASMO・モバイルSuicaどちらか1枚発行可能」「モバイルSUicaのみ対応」の3種類に分類されています。

リスト上で一旦「モバイルPASMO・モバイルSuicaどちらか1枚発行可能」へ分類されたモデルは、その後ソフトウエアアップデートがあっても「モバイルPASMO・モバイルSuica両方1枚ずつ発行可能」へ切り替わることはありません。すなわち、対応状況はハード側のスペックにより決まっているということです。

モバイルPASMOとモバイルSuicaを切り替えて使いたい場合、「モバイルPASMO・モバイルSuica両方1枚ずつ発行可能」に分類されたスマホを購入しなければなりません。ところが、この分類にリストアップされているのは「Google Pixel 5」など高級スマホばかりで、当然コストも高くつきます。

モバイルSuica・PASMO切り替え廉価版

しかし、2020年の冬モデルとして登場した、シャープの「AQUOS Sense 4」は、廉価版モデルとしてはじめてモバイルPASMO・モバイルSuicaの切り替え利用が可能。2021年2月1日現在、AQUOS Sense 4の価格は、キャリア販売・simフリーモデルとも3万円台後半となっています。

モバイルPASMOとモバイルSuicaの切り替える際には、「おサイフケータイ」アプリを起動。「マイサービス」ボタンをタップすると現れる画面内にある「メインカードを切り替える」をタップします。そこに表示されるカードのなかから、モバイルPASMO、あるいはモバイルSuicaを選べば、そのカードが利用可能となるのです。

なお、AQUOS Sense 4のSimフリーモデルを購入した場合に注意したいのが、いずれかの携帯キャリアと契約したうえでsimカードを入手しておくこと。というのも、simカードが挿入されていない状態ではモバイルSuicaアプリが起動できず、アプリ上からのチャージが行えないからです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事