ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneの通話録音はイヤホン型マイクが簡単

メールと違って電話でのやりとりは通常記録が残りません。Androidの大半のスマホには、最初から通話が録音できるアプリが搭載。ない場合もGoogle Playで探してきてインストールすれば事足ります。ところが、iPhoneには通話録音アプリが存在しないのです。そんな時に使いたいのがイヤホン型マイクです。


スポンサーリンク
iPhoneの通話録音はイヤホン型マイクが簡単

iPhoneは通話録音機能を非搭載

「いつまでに原稿を仕上げて渡す」「養育費を毎月いくら払う」など、後々言った言わないで揉めそうなことは最初から録音しておきたいものです。音声データがあれば、それが動かぬ証拠となるからお互い納得するでしょう。

ところが、iPhoneは各国の法律を鑑みて、通話録音機能があえて非搭載。App Storeで探してみても、通話が録音できるアプリは、一部キャリアのみ対応といった条件付きのものを除けば見つけるのが困難です。

Lightningコネクタでつなげたり、Bluetoothを使ったiOS対応のレコーダーもあるにはあります。しかし、価格の割に動作が安定しなかったり、対応する機種に制約があるなど、確実に録音するには不向きなものばかりです。

iPhone通話がきちんと録音される

そこで用意するのは、入力端子のあるICレコーダーとソニーのコンデンサーマイク「ECM-TL3」。一見するとただのモノラルイヤホンですが、よく見ると耳に挿し込む部分の反対側に7つの穴が開いています。

こちらのアイテムはマイクのみで、イヤホンではないため音声の再生はできません。固定電話の受話器やスマホのスピーカーから出る音を、この穴で集音。同時にイヤホン内部で骨伝導を使って自分の発する声もキャッチします。

耳にイヤホンをしたままiPhoneで通話するので、外見上はちょっとおかしな人に見えますが、この状態でプラグをICレコーダーのマイクジャックに挿し込めば、相手の声と自分の声による通話がきちんと録音されるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事