ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINE誤爆メッセージ「削除」してはいけない理由

LINEのグループチャット機能は、仲間同士で手軽にメッセージをやり取りできるので便利。とはいえ、いくつもグループに入っていると、うっかり違うグループへメッセージを送ってしまう「誤爆」はありがち。そうしたとき、「しまった!」と慌ててメッセージを「削除」してはいけません。


LINE誤爆メッセージ「削除」してはいけない理由

LINE誤爆は「削除」しても残ったまま

数あるSNSサービスのなかで、日本で利用者数が圧倒的に多いのがLINEです。人気の理由になっているひとつが、仲間内で手軽にグループを作り、メッセージをやりとりできる「グループチャット」機能の存在でしょう。

とはいえ、参加するグループが多くなると、別グループに間違ってメッセージを送ってしまう、いわゆる「誤爆」も起きやすくなります。仲良しグループに送るはずの「今日の○○さんの発言、あれひどいよね」というメッセージを、クラス全員のグループに送ったりすると最悪です。

もしLINEで誤爆に気づいた場合、メッセージを取り消したくなりますが、このときやってはいけないのは、メッセージを長押しして表示されるメニューから「削除」を選ぶこと。というのも、LINEの削除機能で消せるのは自分のスマホなどに保存されたデータだけ。つまり、送った先の人にはメッセージは残ったままです。

LINE誤爆の正しい対処法は「送信取消」

LINEで誤爆した場合の正しい対処法は、削除とは別に用意された「送信取消」機能を使い、メッセージの送信自体をなかったことにする方法になります。こちらであれば、グループ全員へ送信取り消し情報が伝わり、送ったメッセージの内容は全員から削除されます。

ただし「送信取消」を使うには注意点が2つあります。1つは、取り消せるメッセージは送信から24時間以内に限られること。丸1日過ぎてしまうと「送信取消」ができなくなるので、早めの対処が必要になります。

もう1つは「送信取消」した場合でも、送信先には「メッセージの送信を取り消しました」という情報が残るため、完全に消えるわけではないことです。送信内容が消えるだけマシとはいえ、誤爆自体があった形跡は残ります。また、「送信取消」する前にメッセージを読まれてしまったら、表示は削除されますが、読んだ人の記憶は消せません。

なお、スマホでLINEのメッセージを「削除」してしまうと、メッセージ自体が表示されなくなるため、送信取消できなくなります。もしうっかり削除してしまった場合は、パソコンやタブレットなどの別端末でログインすればメッセージが残っているので、そこで改めて送信取消の作業を行えばOKです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事