ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEで誤送信したメッセージで「削除」絶対ダメ

LINEを使いこなしさまざまなグループに参加するようになると、送信先のグループを間違えてメッセージを誤送信するといったことが起きやすくなります。メッセージを誤送信すると、頭に血が上り「すぐに削除」と焦ってメッセージを消すと、実はとんでもないことになるため超危険。冷静に、「送信取消」を選んで対応することが大事です。


LINEで誤送信したメッセージで「削除」絶対ダメ

LINEの誤送信は削除しても消えない

メッセージサービスのひとつ「LINE」は、同様のサービスを提供するカカオトークなどを抑え、日本国内では最大のユーザーを抱えています。LINEの便利な点は、同じグループ内だけにメッセージを送る「グループトーク」の設定が簡単なことで、国内ユーザーが多い大きな理由もグループトーク活用のためといえるでしょう。

しかし、利用するグループが増えてくると、似たような名前の別グループへメッセージを誤送信してしまうケースが多くなります。例えば、息子の中学校クラスのグループ名が「1年A組」で娘の小学校クラスのグループ名が「1年B組」だったり…といった具合です。

LINEでメッセージを誤送信したことに気づいた場合、一番やってはいけないのが「削除」ボタンでメッセージを消去することです。実は、LINEの「削除」で消去できるのは利用している端末のデータのみで、送信相手のスマホなどではメッセージを引き続き読むことができるのです。

LINEの誤送信の正しい手順は送信取消

LINEで誤送信したメッセージを消去する正しい手順は、「削除」ではなく「送信取消」ボタンを使うこと。そうすれば送信相手のスマホなどからもメッセージが消える仕組みです。

ただし、送信取消ボタンでメッセージを消去しても、誤送信したメッセージ自体は削除されるものの「○○はメッセージの送信を取り消しました」という送信履歴は残ります。さらに、送信取消を行えるのはメッセージを送ってから24時間以内となっているため、誤送信したメッセージにはすばやく対応する必要があるのです。

また、相手が「既読回避アプリ」を使っていると、既読回避アプリ内に保存されたデータまではLINE側が対応できないため、送信先にはそのまま残ることになります。グループトークに限らず、LINEのメッセージを利用する際は誤送信には要注意といえるでしょう。

なお、スマホのLINEアプリでうっかり削除を行ってしまった場合、気づいたとしてもメッセージが消えているため、今度はLINEアプリで送信取消を行えないという状態です。このような場合は、パソコンやタブレットなど別端末から同じLINEアカウントでログインすると削除したメッセージが見られます。ここで送信取消を行えばよいのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事