ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEにはブロックされた人と話す方法があった?

LINEには、特定の友だちからメッセージや通話などを一切受け取らないようにするブロック機能があります。相手に通知されることなく、指定した友だちの連絡を止められる一種のセキュリティ機能といえるでしょう。このため、通常ならブロックされた人と話すことは不可能。しかし、LINEにはブロックされた人と話す方法があるのです。


LINEにはブロックされた人と話す方法があった?

LINEでブロックされた人と話す方法

通常、LINEはブロックされた人と話すことは不可能ですが、グループ経由なら話は別。共通の友だちにグループを作成してもらい、ここにブロックされている友だちを招待してもらいましょう。

グループ内であればLINEはブロックされた人でも関係なく、相手にメッセージを届けられます。これがLINEでブロックされた人と話す方法ですが、まぁ嫌がられるでしょう…。

LINEでブロックされた人と話す方法は、話の分かる共通の友だちに、ブロックされた人を含めたグループの作成を依頼します。これが難関かもしれません。

LINEブロックされた人と話す方法NG

そして、ブロックされた人と、ブロックした人をどちらもグループに招待してもらいます。あとは、ブロックされた人がグループに参加するのを待つだけです。

グループ内ではブロックされた人&してない人に関係なく、話すことが可能。LINEでブロックされた人にどうしても話す必要がある場合に有効な方法でしょう。

ただし、自分でグループを作成し、ブロックされ人を招待してもNG。LINEでブロックされた人と話す方法は成功しません。共通の友だちにグループを作ってもらうことがポイントです。(文/中谷 仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

  • iPhoneホーム画面に同じアプリを2つ入れる方法
    iPhoneホーム画面に同じアプリを2つ入れる方法
  • LINEトークの位置情報で待ち合わせ場所を共有
    LINEトークの位置情報で待ち合わせ場所を共有
  • LINEの文字認識機能で写真内の文字をテキスト化
    LINEの文字認識機能で写真内の文字をテキスト化
  • LINEの音声入力サービスをメモ代わりに活用する
    LINEの音声入力サービスをメモ代わりに活用する

  • オススメ記事

    盗撮犯罪で逮捕される事件急増!自分の身を守る方法

    悪質な盗撮犯罪は年々増加傾向にあります。警察庁によると、2021年の盗撮行為による検挙件数は5019件で過去最多を更新。盗撮犯罪は1930件だった2011年から10年間で2倍以上に増えたことに[…続きを読む]

    盗聴器の見つけ方!アプリや発見機の使い方も解説

    テレビ番組の盗聴特集などを見て、自宅に盗聴器が仕掛けられていないか気になった人は多いでしょう。盗聴器の見つけ方は、そんなに難しいものではありません。そこで、盗聴器の見つけ方をいくつか紹介しまし[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]




    目次