ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器も聞ける受信機IC-R6にカラバリが登場

おもしろ無線が受信できるテンキーレスのハンディ受信機「IC-R6」に、新たにカラーバリエーションが登場しました。もちろん、IC-R6は同クラスモデルの約2倍という回転速度を誇るスキャン・サーチ速度などの性能はそのまま。未知の周波数探しにも役立つIC-R6を詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
盗聴器も聞ける受信機IC-R6にカラバリが登場

IC-R6は受信機の基本性能を追求

アイコムのテンキーレス受信機の歴史は1998年の「IC-R2」からスタートして、2002年の「IC-R5」と続き、2010年に「IC-R6」へと進化してきました。IC-R6のコンセプトはIC-R2から一貫して変わっていません。

多機能性を追求するのではなく、受信機としての基本性能を追求した手堅い設計がなされています。そんなIC-R6にカラーバリエーションが登場。従来のブラックに、メタリックのブルーとレッドが追加されました。

受信機本来の基本性能の高さを重視する使い方をするのであれば、IC-R6は“買い”です。国際VHF・エアーバンド・鉄道・バス・特定小電力トランシーバーなどの周波数がプリセット。盗聴器の電波も受信できます。

IC-R6は周波数探しに役立つ受信機

そんなIC-R6で特筆すべきは、テンキーレスモデルながら毎秒100チャンネル以上のサーチ速度を達成している点です。高速なのはサーチだけではありません。スキャン時の速度も毎秒52.7チャンネルと一切ストレスを感じさせません。それでいて停止動作も確実。盗聴器の電波など未知の周波数探しに役立つ受信機です。

IC-R6にはニッケル水素充電池や充電器が付属。アルカリ乾電池の燃費は27時間ですが、充電池は約19時間。ただし、充電時間が15時間と長いのが難点です。エネループユーザーには、充電セット無しも選べるとありがたいかもしれません。

受信可能周波数範囲は0.1~1309.995MHz、受信モードはFM/ワイドF//AM、選択可能な周波数ステップ5/6.25/10/12.5/15/20/25/30/50/100/125/200kHzです。本体サイズは58W×86H×29.8Dmmで、重さは200g。標準価格は27,864円で、実勢価格は22,800円となっています。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法

■「IC-R6」おすすめ記事
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
IC-R6は総合性能が高くて航空祭に向いている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事