ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

DAZNで見られるスポーツ中継で注目したい10競技

スカパー!でもBS放送でも、スポーツ中継は今や専門チャンネルにお金を払って見る時代。そうしたなか、ネット配信に特化してユーザーを増やしているのが「DAZN(ダゾーン)」です。月1890円と安い上に、さまざまなスポーツを見られるのがDAZNの特徴。そこで、DAZNのスポーツ中継で注目したい10競技を見ていきましょう。


DAZNで見られるスポーツ中継で注目したい10競技

DAZNの見逃し配信で全試合をチェック

DAZNのスポーツ中継といって真っ先に思い浮かぶのはサッカーでしょう。「Jリーグ」はJ1・J2・J3全試合を生配信するほか、2019年の6月から7月にかけて南米・ブラジルで開催中の「コパ・アメリカ」も全試合を完全生中継しています。今はオフシーズンですが、8月以降は「ヨーロッパリーグ」の中継も始まります。

生中継のほか、過去の試合をさかのぼって見る「見逃し配信」にも対応。同じ時間に行われる複数の試合も、全部チェックできます。Jリーグだけで毎週29試合あるため、見逃し配信を使って全試合見れば、月額1890円の利用料金でも十分元がとれそうです。

しかし、DAZNが配信するスポーツはサッカーだけではありません。サッカー以外でフルカバーしているものをだけでも、日本の「プロ野球」、バレーボールの「V・プレミアリーグ」、男子バスケットボールの「B1リーグ」、「F1グランプリ」が挙げられます。

バレー・バスケを見るならDAZN一択

このうち、V・プレミアリーグとB1リーグはテレビ放送は週1、2試合しかないので、フルに見たいのであればDAZN一択。プロ野球はスカパー!でも全試合見られますが、プロ野球セットの価格が月3685円なのでDAZNの方がおトクです。

逆に、DAZNよりCS放送など他のサービスの方が充実しているスポーツもあります。例えば、ラグビーについてはDAZNも力を入れているものの、J Sportsはそれ以上の充実ぶりでトップリーグ、関東学生リーグを全試合中継しています。

そして、DAZNでは毎日数試合をセレクトして配信する「MLB」や「NFL」には、それぞれ全試合視聴可能なサービスがあります。ただし、J Sportsの場合スカパー!の視聴料が月2286円、MLBのサービスは月24.99ドル(NFLは後日発表予定)するので、ライトに楽しむならDAZNの方がお得です。


ロードレースはDAZNでハイライト視聴

DAZNの見逃し配信には、フル中継を視聴するもののほかに見どころをまとめた「ハイライト」も用意されています。そして、実はハイライトで見た方がむしろわかりやすい競技もあります。自転車の「ロードレース」がその代表例で、1レースに6時間以上もかかる一方、勝負のポイントは10分程度ということも少なくないためです。

また、ボクシングやUFCなどの「格闘技」は、権利関係の問題からか見逃し配信はハイライトのみになっています。こちらは、ロードレースとは逆にKOシーンだけでは味気ないものになるので、試合の時間をチェックしてライブで見るようにしたいところです。

なお、DAZNの見逃し配信の期限は、ハイライトも含めて初回中継後最長30日間に設定されています。NFLなど競技によってはそれより短くなっていることもあるので、気になる試合はなるべく「期限切れで見逃した」とならないよう注意が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事