ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

型落ちになったデジカメをパワーアップする方法

ちょっとした写真を撮るなら、下手なデジカメより高性能なスマホのカメラで十分です。しかし、高精細な写真をきれいに撮りたいなら、やはりデジカメが一枚上手。光を明るく取り込める大口径レンズや、大型センサーを搭載しているからです。そこで、型落ちのデジカメをパワーアップさせる方法を紹介しましょう。


型落ちになったデジカメをパワーアップする方法

デジカメ下位機種は機能が制限される

コンデジ・ミラーレス・デジタル一眼には、フルスペックの上位機種と入門用の下位機種が存在するもの。下位機種は価格が安い分、機能が制限されています。また、デジカメは同じ機種でも海外版に比べて国内版は機能が抑えられていることもあるのです。

しかし、日本のデジカメは世界中にユーザーがいるため、こういった制限を解放する非公式の裏ファームが、有志によって各メーカーごとに開発されています。

キヤノンのデジタル一眼であれば「Magic Lantern」、パナソニックLUMIXなら「PTool」、ソニーαシリーズ&サイバーショットシリーズなら「Play memories」などが最近の流行です。動画撮影の30分制限解除や、RAW撮影などに対応します。

ただし、こういった裏ファームを適用することはメーカーの保証外になるため自己責任です。とはいえ、型落ちになって押入れの隅に眠っているデジカメなら試してみる価値はあるでしょう。

デジカメの機能がカスタマイズできる

キヤノンの裏ファームは「Magic Lantern」が昨今、注目されていますが、コンデジ用もあります。通称「ロシアンファーム」と呼ばれる、ロシアのハッカーチームが作成した「CHDK」です。

これは古くからある裏ファームで、PowerShotシリーズ&IXYシリーズでRAW撮影ができるようになることで、ガジェットマニアの間では必携でした。最近はコンデジユーザーが減っているためネットでも話題になることが少なくなりましたが、いまだに開発は続いているようで、対応機種も地味に増えています。

RAW撮影の他に、オートフォーカスモード時のISO感度やシャッタースピードを自由に調整できるなど、機能をカスタマイズできるため、型落ちになったデジカメをイジるのが楽しくなるハズです。

なお、CHDKの適用方法はSDカードに保存して読み込ませるだけ。電源を入れるたびに起動させるプログラムであり、本体の純正ファームを書き換えるわけではないため、リスクが少ないのも魅力でしょう。もちろん、あくまで自己責任であることは変わません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事