ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年会費無料で手に入るゴールドカードの入会条件

ゴールドカードといえば、ラグジュアリーなサービスが受けられる反面、年会費が1万円以上するのが通常。ところが、丸井グループの「エポスゴールドカード」は、年会費無料で発行できるゴールドカード。年会費無料になる条件はあるものの、ゴールドカードらしいさまざまなサービスを使えることは間違いありません。


年会費無料で手に入るゴールドカードの入会条件

エポスゴールドカードは年会費無料

「エポスゴールドカード」は、丸井グループの子会社・エポスカードが発行するクレジットカードのひとつ。その最大の特徴は、ゴールドカードにも関わらず一定の条件を満たせば年会費が初年度から無料になることです。

ゴールドカード年会費無料の条件とは、エポスカード側からの招待を受けて申し込むというもの。招待なしでエポスゴールドカードを申し込むと、年会費5000円が必要となります。利用が一度もない人には招待も届かないため、年会費無料でゴールドカードを取得するにはまず通常のエポスカードを入手することから始めます。

その上で、エポスカードが定める基準を満たすとゴールドカードの招待が届くというわけ。エポスカードは「何万円利用すると招待」といった情報を公開していませんが、年会費有料で入会した場合も年間利用額50万円以上で翌年度から年会費無料となるので、この金額がひとつの目安といえそうです。

エポスゴールドカードが用意する特典

年会費無料でありながら、エポスゴールドカードには旅行などで役立つゴールドカードならではのサービスが用意されています。例えば、国内19空港と仁川・ホノルル空港、そしてホノルルのDFS内にあるラウンジがカードを提示することで利用可能です。

また、Visaが各社ゴールドカード向けに共通で行っている「Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル」の25%オフ、成田空港ほか4空港の手荷物預かりサービス「Visaゴールド国際線クローク」が15%オフといった特典も用意。海外旅行傷害保険も、通常カードより手厚い内容となっています。

さらに、通常のエポスカードではポイントが有効期限2年のところが、エポスゴールドカードでは無期限。ほかにも各種ポイントアップサービスも用意されています。このため、とくにゴールドカード的なサービスが必要ない人でも、エポスゴールドカードを持つメリットが十分あるといえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事