ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

提携先がない「ビュー・スイカカード」選ぶ理由

昨年10月から、鉄道に乗ることでポイントが貯まるサービスが始まり、注目度がアップしているのが「ビューカード」です。ビューカードには、駅ビルやビックカメラでもポイントが貯まるカードがある一方で、提携先がない「ビュー・スイカカード」も発行中。この提携先なしのカードを選ぶ理由はあるのでしょうか。


提携先がない「ビュー・スイカカード」選ぶ理由

ビュー・スイカカードは年会費524円

JR東日本系列のクレジットカード「ビューカード」としては、提携店舗などの設定がない「ビュー・スイカカード」のほかに、JR東日本の駅ビル内で優待がある「JREカード」、ビックカメラと提携した「ビックポイントカードSuica」、JALのマイルが貯まる「JALカードSuica」などが発行されています。

同じ年会費であれば、提携なしのビュー・スイカカードを選ぶメリットはあまりありません。そこで、各カードの年会費を調べてみると、ビュー・スイカカードとJREカード、ビックポイントカードSuicaについては年会費がいずれも524円です。

JREカードであれば、JR東日本の駅ビル内でJRE POINTの3.5%還元が受けられ、ビックポイントカードSuicaには全国のビックカメラでビックポイントによる10%還元があります。ここまでの話であれば、JREカードやビックポイントカードSuicaの代わりにビュー・スイカカードを選ぶ理由はなさそうです。

ビュー・スイカカードで家族カード

しかし、ビュー・スイカカードにはJREカードやビックポイントカードSuicaにはない機能がひとつあります。それは、家族カードの発行が行えることです。ビュー・スイカカードの家族カードは、年会費は本会員と同じ524円となっていて、18歳以上の同居家族について1人1枚発行可能です。

家族カードに関しては、JALカードSuicaとその上級カード「JALカードSuica Club-A」も対応していますが、それぞれの家族カード年会費は1100円、3850円と、ビュー・スイカカードよりも割高。家族カードを割安で手に入れる必要がある人なら、ビュー・スイカカードを選ぶ理由になりそうです。

なお、家族カードに関してはビュー・スイカカードのゴールドカードにあたる「ビューゴールドプラスカード」については1枚分は年会費無料で発行可能。ただし、ゴールドカードということもあり本会員の年会費が1万1000円と高く、ゴールドカードならではのサービスを受けたい人が選ぶカードといえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事