ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ゴールドカードの年会費の元をとる3つのテクニック

「ゴールドカード」といえば、一般クレジットカードにないサービスが利用できる一方で、その分年会費が高くなることがほとんど。なかには、年会費が3万円かかるゴールドカードもあります。しかし、それでもゴールドカードを持ちたいという人が多いのは、年会費の元をとる方法があるためです。


ゴールドカードの年会費の元をとる3つのテクニック

年会費無料のゴールドカードを選ぶ

「ゴールドカード」の年会費分の元を取る一番簡単な方法は、そもそも年会費無料のカードを選ぶことです。じつは年会費無料のゴールドカードはいくつかあり「イオンゴールドカード」がその代表格。通常カードを発行後、年100万円以上利用すると、イオンゴールドカードへの切り替えが可能になります。

また「エポスゴールドカード」は通常年会費5000円ですが、カード会社からの招待を受けて発行した場合は年会費無料になります。エポスゴールドカードの招待条件は非公開ですが、「年50万円以上の利用で翌年以降年会費無料」という条件もあるので、この金額がひとつの目安になりそうです。

ゴールドカード年会費の元をとる2番目の方法は、空港ラウンジを利用するというもの。ほとんどのゴールドカードには国内空港ラウンジの優待サービスがついており、通常1回1000~2000円程度のラウンジ料金が無料になり、利用回数の制限もありません。

空港ラウンジ利用で元を取るには、ゴールドカードの年会費が安いほど有利。年会費2200円の「楽天ゴールドカード」であれば、往復とも出発ラウンジを利用すると1回の旅行や出張で元が取れてしまいます。また、年会費1万円前後の一般的なゴールドカードでも、5往復すればOKです。

ゴールドカードの年会費の元を取る

航空便はあまり利用せず、移動はもっぱら新幹線利用という人であれば「ビューゴールドプラスカード」を選ぶのもひとつの手。東京駅限定になりますが、八重洲口にある「ビューゴールドラウンジ」をビューゴールドプラスカード会員は無料で利用することができます。

そして、ゴールドカードの年会費の元を取る3番目の方法は、高級ホテルのアップグレードや高級レストラン優待など、ゴールドカードならではのサービスをフル活用して元を取るというものです。ゴールドカード所有者にはこうしたラグジュアリーな特典目当ての人も多く、各クレジットカード会社が力を入れているジャンルでもあります。

例えば、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは年会費が3万1900円とゴールドカードのなかでも高い部類になりますが、レストラン優待サービス「ゴールドダイニング by 招待日和」で予約すると1名分のコース料金が無料。1人3万円のコース料理を一度楽しむだけで、年会費の元がほぼ取れる計算です。

とはいえ、この方法は「1回3万円のレストランなどそもそも行かない」という人にはあまり向いていません。逆にいえば、年会費が高いゴールドカードは高級ホテルや高級レストランを頻繁に利用する人ほどお得になり、それゆえ持っていると「ステイタスが高い」と言われるのでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事