ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10不要スタートアップ無効化など便利技

「Windows10」には、じつは便利な機能や設定が多数用意されています。いつも行方不明になるコントロールパネルも、デスクトップに表示可能です。しかし、大半は埋もれてしまい、あまり活用されていないのが現実です。そこで、あまり目立たないけど、使うと便利なWindows10の便利技を紹介しましょう。


Windows10でごみ箱をデスクトップから消す方法

Windows10の不要スタートアップ無効化

Windows10で「コントロールパネル」や「コンピューター」など、よく使うアイコンをデスクトップに追加する方法は、設定の「個人用設定」→「テーマ」内にある「デスクトップアイコンの設定」を開きます。

ここでデスクトップに配置しておきたいショートカットを選ぶだけです。バージョンアップするたびに場所がわからなくなるコントロールパネルも、デスクトップから簡単にアクセスできるようになります。逆にふだんは使わない「ごみ箱」を非表示することも可能です。

Windows10で不要なスタートアップを無効化する方法は「Ctrl」+「Shift」+「Esc」で表示されるタスクマネージャーを開いて「スタートアップ」タブを選択。表示されるスタートアップの一覧から不要なものを選び、それぞれ右クリックで無効化すれば設定完了です。

Windows10のスタートメニューに追加

Windows10でタスクバーのアイコン表示を増やすなら、設定の「個人用設定」→「タスクバー」を開いて「小さいタスクバーボタンを使う」を有効化。タスクバーボタンの表示が小さくなるため、たくさんのアイコンを並べられるようになります。

Windows10のスタートメニューに便利なショートカットを追加する方法は、設定の「個人用設定」→「スタート」を開き、「スタートに表示するフォルダーを選ぶ」を選択。ここでスタートメニューに追加したい項目をオンにするだけです。

すでに表示されている「設定」「ドキュメント」のほか、「エクスプローラー」や「ダウンロード」「ネットワーク」などをスタートメニューに表示させられます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事