ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaなど交通系ICカード「高速バス」使える?

交通系ICカードに対応した路線バスは全国各地で増えていて、独自方式のものを含めれば、北海道から沖縄まで交通系ICカードを使うことができます。その一方で「高速バス」については交通系ICカードがNGのところが大半です。交通系ICカードが使える「高速バス」には、どのような路線があるのでしょう。


Suicaなど交通系ICカード「高速バス」使える?

空港リムジンバスはSuicaが使える

都心部に限らず、いまや多くのバス会社でSuicaをはじめとした交通系ICカードが利用可能になっています。

首都圏では、茨城・栃木・群馬の北関東3県ではバスへのICカード導入が遅れていましたが、茨城県・群馬県ではPASMO対応の会社が増加中。栃木県でも、新ICカード「totra」を2021年春に導入予定です。

一方で「高速バス」については、交通系ICカードが使えない路線が大半です。これは、高速バスは事前予約制の場合が多く、あらかじめ運賃を支払ったうえで乗車するパターンがほとんどであるためです。

とはいえ、高速バスであっても交通系ICカードが利用できる路線も少なからず存在しています。その代表的なのものが、羽田空港・成田空港と東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県の各地を結ぶ空港リムジンバスで、ほとんどの路線が交通系ICカードで乗車することが可能です。

高速バスによって交通系ICカード割引

関西空港や中部国際空港も同様で、関西空港であれば大阪府・和歌山県・兵庫県・京都府への空港リムジンバスが交通系ICカードへ対応済み。中部国際空港と愛知県各地を結ぶ空港リムジンバスでも、manacaをはじめとした交通系ICカードを使えます。

空港アクセスだけでなく、比較的短距離の高速バス路線でも、交通系ICカードが使えるところも出てきています。首都圏の場合、JRバス関東などが東京と水戸・波崎・鹿島といった茨城県南部を結ぶ路線で交通系ICカードに対応。新潟県では、新潟交通の県内路線が交通系ICカード対応で、約15%の割引も行われています。

一方、Suicaなどの交通系ICカードではなく、高速バスのICカード決済としてVISAタッチを導入する会社も登場。岩手県北バス、福島交通、茨城交通では、各県内路線に限り高速バスへVISAタッチで乗車が可能です。また、PayPayやLine PayといったQRコード決済にも対応しています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事