ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suica内蔵イオンカードは使うほど損している?

イオンカードが発行するクレジットカードにはさまざまな種類がありますが、Suicaを内蔵していて鉄道やバスへの乗車に使える「イオンSuicaカード」は、使い勝手がよいカードのひとつです。ところが、JR東日本の鉄道で利用する場合、イオンSuicaカードを使うとおトク度が下がってしまうのです。


Suica内蔵イオンカードは使うほど損している?

イオンSuicaカードは各種特典に対応

イオンカードが発行するクレジットカード「イオンSuicaカード」は、その名の通りイオンカードの基本機能ににSuicaが内蔵されたものです。Suicaは記名式Suicaとほぼ同じ扱いとなり、駅にある券売機でのチャージやSuicaグリーン券の購入、そしてクレジットカードからのオートチャージ設定も可能となっています。

また、イオンSuicaカードはJR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」への登録にも対応しており、同社の鉄道路線への乗車で200円につきJRE POINTが1ポイントも貯まります。貯まったポイントは、JR東日本各駅の券売機で手続きを行うことにより、1ポイント=1円として内蔵のSuicaへチャージ可能です。

他のイオンカード同様、イオンSuicaカードにはイオン系列の店舗でのポイント2倍サービス・毎月20日、30日に5%OFFといった特典にも対応。Suicaとしても使え、イオンでも割引になるとあれば便利なカードに思えますが、JR東日本の鉄道路線に関してはよりおトク度が高いカードがあるのです。

イオンSuicaカードより還元率が高い

それは、JR東日本系列のビューカードが発行する各種カードで、ビックカメラSuicaカードやルミネカード・JREカードなどが該当します。実はイオンSuicaカードの場合、オートチャージなどJR東日本での利用分についても「ときめきポイント」が貯まる仕組みですが、400円につき1ポイントと還元率が低いのです。

一方、ビューカード発行の各カードについては、オートチャージも含めたJR東日本での鉄道利用については1000円につきJRE POINTOが15ポイント貯まる仕組みです。還元率にすると1.5%となり、イオンSuicaカードと比較すると還元率は6倍です。

また、ビューカード発行の各カードはSuica定期券としても利用可能で、裏面に定期券の券面も印刷できる仕組みですが、イオンSuicaカードは定期券は内蔵不可。別途記名式Suicaを用意する必要があります。定期券購入時はイオンSuicaカードを利用できますが、400円につき1ポイントと還元率は低くなってしまうのです。

■「Suica」おすすめ記事
Suicaは何のカードでチャージするのが一番お得?
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技

■「交通」おすすめ記事
バス利用で勝手にポイント還元「バス特」とは?
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
アイドルファンによる新幹線キセルの手口とは?
電車事故で安全なのはパンタグラフが付いた車両
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事