ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

単三電池を買うならドン・キホーテがコスパ最強

ナショナルブランドより安価なPB(プライベートブランド)商品。コンビニ・100均ショップ・家電量販店といった各所から、単三電池のPB商品が販売されています。しかし、種類も多くどの単三電池を選べばいいか分からないという人も多いでしょう。そこで、8種類の単三電池の性能を比較しました。


スポンサーリンク
単三電池を買うならドン・キホーテがコスパ最強

最も長く使用できる単三電池はどれ

比較したのは、基準として用いるパナソニックの定番アルカリ乾電池・通称「金パナ」のほか、アスクル、ヨドバシカメラ、ドン・キホーテ、ビックカメラグループ、セブン-イレブン、カインズホーム、Amazonの単三電池です。

実験をしてみると、耐久時間や実測容量にだいぶ差がつきました。試験方法は、2.2Ωのセメント抵抗を電池につなげ、終止電圧(電池の寿命となる電圧。アルカリ乾電池の場合は0.9V)に下がるまでの時間を測定。最も長く使用できる単三電池はどれかを調べました。

同時に60分経過時点の電圧を見て、高電圧を維持できているかをチェック。さらに、0.9V終止電圧までの電流の積算値から、実測容量を算出しました。

単三電池のコスパはドン・キホーテ

結果、性能が良くコスパが最も高い単三電池はドン・キホーテでした。4本95円なので、1本あたり23.75円と最も安価で実測容量は2番目に高い1,552mAh。0.9Vの終止電圧までの時間が194分51秒と、2番目の長寿命です。

1Ah当たりの価格が22.0円と、まさに情熱的な価格でコスパでいえばダントツです。一方、ワーストはAmazon。実測容量1,018mAhはもはや旧世代の単三電池といえます。1Ah当たり51.3円とコスパも良くありません。

ただし、コスパのみで評価するのは少々安易。日本製の有名メーカーの製品は、使用温度や液漏れ性能といった安全面を配慮している側面があります。このことにも注意して、最適な単三電池を選びましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事