ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NEXCO西日本がETC乗り放題4プランの販売を開始

2019年の春シーズンはETC向け乗り放題プランを用意していなかったNEXCO西日本でしたが、夏休みシーズンを前に近畿・中国・四国・九州をそれぞれ対象にした4プランの販売を7月からスタートしました。高速道路がETC乗り放題になると、料金を気にせず行動エリアを広げられます。NEXCO西日本のETC乗り放題プランを詳しく見ていきましょう。


NEXCO西日本がETC乗り放題4プランの販売を開始

NEXCO西日本路線がETC乗り放題

NEXCO西日本が今回、販売を始めたETC乗り放題プランは近畿地方の「京都・若狭路・びわ湖・はりま路ぐるっとドライブパス2019」、中国地方の「ぶらり中国ドライブパス2019」、四国地方の「四国まるごとドライブパス!2019」、九州地方の「ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス2019」という4種類です。

各プランとも事前申し込みが必要で、7月12日利用開始分から受け付けています。といっても、利用直前まで受け付けOKなので、出発当日に思いつきETC乗り放題プランでドライブ…といったことも可能です。

「京都・若狭路・びわ湖・はりま路ぐるっとドライブパス2019」は、一部例外があるものの、滋賀・京都・大阪・兵庫の4府県にあるNEXCO西日本路線がETC乗り放題となるもの。NEXCO西日本路線以外にも京都縦貫道全線と播但連絡道も対象になります。普通車の場合、3日間で6800円です。

また、乗り放題エリアが滋賀・京都・大阪の3府県と東名高速西宮ICまでに限定された2日間用プランも用意されていて、こちらの価格は普通車用が5000円となっています。

中国地方5県がETC乗り放題になる

「ぶらり中国ドライブパス2019」は、中国地方5県がETC乗り放題になるものと、広島・島根2県のみETC乗り放題の2種類があり、普通車の場合5県プランが土日祝日2日間用が6800円、3日用が8500円。2県プランは土日祝日2日間用が4000円、3日用が5000円となってます。

また、5県プランには発着地からの往復通行料金を含むものも用意され、発着地には京滋大阪・兵庫・四国・九州北部・九州中部・九州南部各エリアが設定されています。

「四国まるごとドライブパス!2019」は、四国4県のNEXCO西日本路線がETC乗り放題となるプランで、普通車の場合4日用が6800円、3日用が5800円、土日祝日2日間用が5000円。発着地からの往復を含むプランも滋賀京都大阪・兵庫岡山・広島山口東部・福岡山口西部の4種類用意されています。ただし、発着地からの往復料金には本四高速の通行料金が含まれていないので注意が必要です。


沖縄を除く九州6県がETC乗り放題

「ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス2019」は、沖縄県を除く九州地方6県のNEXCO西日本路線を対象にしたETC乗り放題プランで、「九州全域乗り放題プラン」に加え「熊本・佐賀・長崎プラン」「熊本・大分・福岡プラン」「熊本・宮崎・鹿児島プラン」が用意されています。

エリア限定の3プランの場合、ETC乗り放題区間は必ずしも県と一致しているわけではなく、高速道路ネットワークや観光ルートに合わせた設定になっています。例えば「熊本・佐賀・長崎プラン」では九州道古賀IC~日奈久ICより西が乗り放題区間で、長崎・熊本を結ぶ天草観光ルートを通る際にも便利です。

価格はそれぞれ九州全域乗り放題プランが普通車用で4日間8000円、熊本・佐賀・長崎プランは普通車用3日間5500円、熊本・大分・福岡プランは普通車用3日間5500円、熊本・宮崎・鹿児島プランは普通車用3日間6200円となっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事